大芦川(おおあしがわ)

ホーム > その他のフィールド > 大芦川

sbtoashigawa


 大芦川(西大芦漁協管轄区)は西沢と東沢が途中で合流し、一本になります。西沢上流には大天狗で知られる古峯神社や古峰ヶ原高原があります。東沢は大滝を源流とする手付かずの自然が残る清流で、純血種のニッコウイワナの生息地として知られています。


 初夏頃からアユ釣りがメインになり4月中旬頃大量に放流される稚アユを食べたヤマメは大型化します。

大芦川は川沿いにポイント(堰堤名等)の看板をよく見かけます。大変便利で釣師への配慮がすばらしいと思います。

釣り期間 2022年4月3日~9月19日
料金表:渓流魚 組合員 一般
シーズン券 8,500円 9,000円
日釣り券
2,000円(解禁日2,200円)

現場で指導員から日釣券を購入すると倍額になります。・遊魚券取扱所は川沿いに沢山あります。[必ず購入してから釣行しよう。]

*特設釣場 4月3日から3日間 ​元古澤林業前から上流の東沢、西沢合流点まで

・4月と5月に3回づつ追加放流があります。ヤマメの成魚1,000kgの放流


本流東西合流~下大久保堰堤

 大芦川の中流部、この区域がメインステージです。4/3~4/5、特設区間を設けてヤマメ大量放流し4/3はルアー・フライの専用区域を設定します。また追加放流もあったり魚影の濃い区域です。6月中旬頃からアユが解禁となりますので、そちらも楽しめると思います。

東沢[東西合流~大滝]

 大変自然の残る区域で自然繁殖しているニッコウイワナの生息地でもありす。川と道路が平行しているためポイントへは入りやすいと思います。上流へ進むにつれて道路との高低差が大きくなり川へ下りる道があるところ(たいがい車の駐車スペースがあります。)がポイントの目安となります。危険な場所も多く十分に注意しながら釣行したほうがよいと思います。

西沢[東西合流~藤倉ダム]

 西沢は堰堤も多く楽しいポイントが沢山あります。道路から見える堰堤をちょっと除いてみてもヤマメが確認できます。各ポイントには入りやすいですが、思ったより遠かったりしますのでそのつもりで準備した方がよいでしょう。もちろん天然のニッコウイワナも沢山います。

大芦川釣案内



Copyright(C) 2005-2022 日光鱒釣研究所. All Rights Reserved.