大谷川日光・・モニタリング

積もるほどではありませんが旧日光は毎日のように雪が降っています。

さて、鬼怒川漁協日光支部では大谷川日光地区解禁に向けてモニタリングを行ったようです。

本流及び各支流へ手分けして入り釣果テストを行ったようです。低水温(4℃)のため今一つの感じでした。それでも昨年禁漁後に放流したと思われるニッコウイワナ・ヤマメ・レインボーがヒットしましたので、さほど移動しておらず居着いていると思われます。これから気温が上がって来るとかなり期待が持てる状況であることは確かです。

私は4月1日の解禁日、どこに入ろうか検討中です・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)