2021/04/18(日)

こんばんは。
 さっき知り合いと「今年の中禅寺湖ってどうょっ!」的な話しをしました。
やはり解禁日から今一つな感じでスタートし、数回の釣行でボチボチな雰囲気・・でも今年釣ったキレイなブラウンの写真とか見せてもらいましたが、それなりにいい感じです。
 漁師によるヒメマスの試し釣りは、なんとゼロ匹だったようです。漁師って釣りのプロです・・プロがボーズですょ!・・中禅寺湖のヒメマス釣果、これで調子悪いシーズンが3年連続です!中禅寺湖のヒメマス釣果の大漁シーズン周期って4年だったっけ? だとすると来年が絶好調シーズンですネ。
 さて、本日も中禅寺湖情報・・!
今朝は雪が降りましたネ・・どうりで寒いわけだ。でも午後になって風も暖かく感じるようになり、風向きが南に変わったんでしょうかね・・強風ですけどネ!
 で、朝一のレイクトラウトです。だいたい午前5時前後が朝のピークでしょうかネ!中々いいサイズです。因に去年、鱒研に入った情報で岸釣りでヒットしたレイクの一番でかいのは92cmです。以前ですが、大型レイクを狙うには船で生きたニジマスをエサにして、20mも沈めてレイクを狙っていました。それが岸から釣れるとは・・・いい時代が来たもんだ・・

レイクトラウト
レイクトラウト
レイクトラウト

 水が動いてないので普段でも多い湖底のノロは、さらに多い感じです。ルアーを沈めすぎるとフックがノロだらけになります。
 まだまだ水温は低いし、けっこう手前の表層でヒットしますので、そんなに沈めなくても大丈夫ではないかと思います。

2021/04/18(日)

こんにちは。
 本日は晴天ですが風が強いです。釣りがやりずれ〜感じな日ですね・・
さて今朝ですが、サクラマスの写真、最大46cm合計12匹の写真が送られてきました。
日光市某所での釣果です。しかも朝だけの釣果のようで、略入れ食い状態ですね・・!

サクラマス

ヤバい程釣れてますね!
これが朝だけの釣果だなんて・・スゲェ〜!

2021/04/17(土)

こんばんは。
 こないだの日曜日、大谷川今市地区で定期放流がありました。スゴイ混雑で5メートルおきくらいに釣り師がいました。しかし、翌日以降は殆ど釣り師がいません! いったい何なんでしょうか? 大谷川日光地区も同じような感じになってきてます。放流魚中心の釣りスタイルとは・・そういうもんなんでしょうかね。
 さて、中禅寺湖です。
ライズもなく寒くてけっこう渋い感じです。でも、ちゃんとアタリがありヒット!
でもなんかいつもと違うファイトです。のったリとしたレイクや、激しくジャンプするブラウンの引きとはあきらかに違います。
グングンと沖に引っぱる感じで・・ホンマスでした。
久しぶりに50cmオーバーの良型ホンマス。30cm位のホンマスは時々ヒットしますが50cmオーバーは久しぶり。写真がうまく撮れず、自動フラッシュになってしまいギンピカの魚体が強調されて全体がうまく写りませんでした。
ホンマスは本シーズンよりキャッチOKとなりましたので、持ち帰ろうかと迷いましたが・・結局面倒なのでリリースしました。

中禅寺湖 ホンマス
中禅寺湖 ホンマス

ホンマスですが、中禅寺湖のホンマスはビワマスとサクラマスの交雑種と言われてます。ですが先日、水産研究に詳しい人とたまたまホンマスの話になったのですが、一般的にはカラフトマスをさす名称のようです。はじめて知りました!

2021/04/17(土)

こんにちは。
日光は冷たい雨が降っています。
中禅寺湖大谷川の水温が下がって魚の活性が下がりそうです。
本日はホンマスの情報があります。また後でUPします。

で、今回はオモシロいマップを知り合いから入手しました!
国内のブランドサケマス養殖地図」なるもの・・
栃木県では「ヤシオマス」が有名でしたので私も知っています。
しかし、この地図を見てビックリです。
こんなに種類があるとは知りませんでした!
・・まぁ、見て下さい。

内のブランドサケマス養殖地図

いかがでしょうか?
国内のブランドサケマス100種類位ありますね。
釣りではなく食としてのブランドサケマスだと思いますが、日本人ってサケやマスが好きなんですネ!
美味しいですからね。

2021/04/16(金)

こんばんは。
 さっき霧降川(←地図に載ってる名称)を通りかかったので写真撮ってきました。
この川はその名の通り、上流には霧降の滝があり岩魚の川です。しかし途中の橋には「新滑川」とか「板穴川」とか書いてあります。私が子供の頃は「あくと川」とか言ってました!名前の多い川ですね!
・・で、川底が黄色っぽい岩盤になっていて、所々水流で削られた穴に岩魚が隠れています。
以前に水中メガネを付けて確認したことがあります。フライフィッシングに向いてるフィールドです!
大変キレイな川なので、最近は川下りとかのアクティビティーを楽しむ人達をよく見かけます。

霧降川

 さて、中禅寺湖
最初にレイクトラウト、ミノーをガッポリとくわえてます。
シンキングミノーを沈めるカウントは5〜7位
多分3メートルくらい沈んでると思います。
その辺であたります!

レイクトラウト

表層・・ジクでブラウンです。着水してすぐリーリング・・で、ドカーンとヒット。

ブラウントラウト

仕事があるので朝しかできませんが、中禅寺湖ハイ活性でありますね!

2021/04/14(水)

こんばんは。
細かい雨が降ってましたが午後には上がりました。
さて、中禅寺湖です。
減水してますのでレイク達の付場でありますカケアガリやデカイ石がゴロゴロしている付近が近い感じです。なのでフルキャストするとルアーが飛びすぎて効率が悪いですね。たぶん20m〜25mのラインにレイクが付いてる感じです。中層から表層です。極端な話し、管釣タックルでも釣れんじゃネッ! 見たいな・・・現在のレイク達は定期的にアタリが無いのであまり回遊してない感じがします。居着きの感じです・・
で、朝一にレッドヘッドにレイクがきました。

解禁の賑わいは一段落した感じです。ライズやボイルは殆どありません! ワカサギもまだ接岸してません・・でも、いい感じで釣れてます。

そういえば今朝、中禅寺湖にキレイな虹がかかっていました!
中禅寺湖レインボーです!

中禅寺湖レインボー(虹)

船釣りがはじまるまであと少しですね・・!

2021/04/13(火)

こんにちは。
大谷川日光地区解禁して約2週間がたちました。
街中ポイントにはほとんど釣り師がいません!
場所がよくて便利なポイントに釣り師がいないということは?
あまり釣れてません・・! ・・ということです。
いつの間にか街中ポイントのネイティブ達は数が減ってしまい、放流魚中心のエリアになってます。
数釣りをしたいアングラーは上流、または支流に入るか、定期放流を待ちましょう。次の定期放流は5/2、C&Rエリアがある日光地区下流側です。

さて鱒釣りの聖地、中禅寺湖レイクトラウト情報です。鱒研bbs


中禅寺湖 鱒太郎 さま


今日も中禅寺湖です!
朝一 何の反応も無く 嫌な予感
11時過ぎに ミノーに来てくれました!
62センチのレイク
午後はスプーンで レイク2匹が来てくれました!

レイクトラウト

カッコいいレイクトラウトですね。日本には中禅寺湖にしかいないので、中禅寺湖を象徴するビッグトラウトですね。

2021/04/12(月)

こんばんは。
栗山方面が解禁しましたね。日光周辺の岩魚パラダイスの一つですが、早速鱒研bbsへ投稿がありました。


栗山地区 サルナシさま


鱒研さん、こんにちは。

解禁後、初の栗山地区に行ってきました。
昨年の大雨でポイントが変わったりしてましたが、元気なイワナに逢えました。

ニッコウイワナ達

サルナシさま 岩魚祭り・・続行中ですね!
スゴイ以外、言葉が見つかりませんが・・
釣り師の皆さん、いかがでしょうか?

投稿者のインスタはこちら→lookeedon

2021/04/12(月)

こんにちは。
日光の山の雪も無くなり暖かくなってきましたね。
季節はどんどん進んでいます。

さて、前回紹介しましたVanMoofですが、納車&開封・組立の動画をとりましたので見て下さい。

そして、早速VanMoofで林道行ってきました。マウンテンバイクでは諦めていた付近まで楽々と行けます。
で、その動画も撮ってきました。

どうでしょうか! 私のマイブーム的な感じですが釣りの手段がまた一つ増えましたょ!

こんばんは。
日光方面が解禁して約一週間ですね。大谷川の釣り師も落ち着いて来ました。
中禅寺湖は超減水してますが、絶好調のポイント、そうでないポイント・・バラバラのようです。
鱒研仲間の中禅寺湖情報もボーズはいませんでしたが、数匹の釣果からツ抜けまで色々情報をいただきました。3時間でレイクとブラウンを12本上げた仲間がトップですかね!

最近の私のマイブームにVanMoofがあります。E-バイクなんですが、ついに買っちゃいました!もちろん釣りの足に使います。ちなみにいろは坂を一周してもさほど疲れませんでした。設定は全てVanMoofのスマホアプリでやります・・すごい・・・テスラという電気自動車がありますが、VanMoofは自転車版テスラですね!
そんで、まだ使い方もよくわからず・・とりあえず世界遺産付近でも見てくるかと、二荒山神社の参道を走っていたら変なものを発見!


さてこんな看板がありました。中禅寺湖には江戸時代まで魚がいなかった話はよく聞きますが、その理由が「修行の霊場であったため殺傷禁断の地」とされた為らしいです。
・・で、明治時代になって二荒三神社2代目宮司柿沼広身により、宗教的戒律を解いて、中禅寺湖(幸の湖)に魚の放流を許可し、自らも魚を放流した。
・明治6(1873)年、星野定五郎がイワナ2,200尾を最初に放流
・明治7(1874)年、柿沼広身宮司が魚を放流

と、二荒三神社に中禅寺湖のニジマスという新しい像が寄贈されていました。最近のものなので初めて見ました。

中禅寺湖に跳ねるニジマス像

まだまだ色々と発見がありそうな雰囲気であります。