湯川(ゆがわ)

ホーム > その他のフィールド > 湯川

sbtyugawa


 湯川と言えばフライフィッシング。日本で初めてフライフィッシングが行われた聖地とされています。長崎のグラバー邸で有名なグラバー氏が、1902年この川に初めてブルックトラウト(川鱒)を放流した時にハロルド・パーレットと言う方が助手を勤めました。それからブルックトラウトのことを地元では今でもパーレットと呼んでいます。1902年に放流したブルックは同年の台風で全滅した。そして1904年に卵を再輸入し、放流したものが自然繁殖しているようです。

 超有名な湿原、日光戦場ヶ原。湯川はそこを流れています。チョークストリームを思わせる川の流れがとにかく美しく、そこに生息するブルックトラウトがまた美しい! 正に夢のようなフィールドです。私は湯川にいるだけで幸せになれるような気がします。ここも以前に放流活動と監視員をしていた時期があります。

 放流100周年の2002年より全域キャッチ&リリースとなっており魚影が大変濃く、フライマンには大変な人気フィールドとなっております。もちろんルアーでも釣れます。フックはバーブレスが基本です。ルアーはシングルフックのバーブレスに変えておいた方がリリース時、魚を弱らせることなく便利だと思います。

 対象魚はブルック・レインボー・ヒメマス・ホンマスとなります。ところでホンマスって日光にしかいないマスで、ビワマス・サクラマス・アメノウオの交雑種ではないかといわれています。

釣り期間 5月1日~9月30日[5/2より日の出〜日没]
料金
解禁日5/1 3,000円[釣り時間:7時〜17時]
5/2~9/30 2,000円[午後券1,500円]

・全域キャッチ&リリースとなります(クーラーボックスやビクの持ち込みは禁止となります)。

・午後券は当日の正午から発売します。

・小学生券は、湯の湖及び湯川共通で1人500円です。

・現場売りは+500円[小学生券+300円]

●湯川 管轄は全内漁協



Copyright(C) 2005-2017 日光鱒釣研究所. All Rights Reserved.