2020/2/6(木)

こんにちは。1年中で一番寒い時期、風が冷たくて寒いですね・・暖冬慣れしちゃってますがこのくらいが平年並みなんですよね。ちょっと時間があったので尚仁沢付近を見てきました。オフシーズンですから誰もいません。去年の5月に熊の目撃があったので看板がありました。(でも、倒れてました!)

んで、フラフラと歩いていると、フキノトウを発見。まだ二月のはじめで真冬・・さすがにびっくり・・

まだ二月なのにフキノトウ
フキノトウ

その近くを見回しましたが、これ1本だけでした。そして何気に上を眺めたら・・

何かありますね! 見慣れた形状の物体・・・ススメバチの巣であります。しかもデカイです。バスケットボールより大きい、見た感じ直径60cm以上はありそうな感じです。たぶん私が見た事のあるスズメバチの巣では一番デカイですね。ズームしてみました↓

スズメバチの巣

この辺は名水として有名な尚仁沢湧水がありますが、そこへ行く山道が工事中で立入禁止でした。

さて帰り道に、来月解禁する東古屋湖へよって帰ることにしました。水量の確認です。

東古屋湖/キャンプ場前

キャンプ場前の一段目の芝生が見えてますが略満水です。暖冬なので今年も凍ってません! 上流側、東古屋橋の下は満々と水があります。この辺は水に動きがあるので魚がたまりますね。

東古屋橋付近

東古屋湖は巨大な管理釣場です。同じようなルアーには慣れてスレてしまいます。なるべく変わった色や動き、がよさそうですね。特に自作ミノーはどれだけ精工に作っても同じ動きにはなりません。一つ一つリップの角度やオモリの位置が微妙に違うので、同じ動きにはならないと思うのでオススメです。(←私だけかも?)今年は3月7日が解禁日です。超混雑するでしょうね!

2020/1/31(金)

こんばんは。暖かくてまさに異常気象ですね。1月に大雨警報とか洪水警報が出るなんて・・たぶん初めてではないでしょうか? そんな1月も今日で終り、明日から2月に突入です。

さて、1929年(昭和4年)ごろの日光の映像がyoutubeにあります。釣り(フライフィッシング)は9:38からです。音声はありませんが当時の西洋式毛鉤釣りの雰囲気が伝わります。

1929 SUMMER of Nikko, Japan

2020/1/21(火)

こんにちは。

一月も下旬に入りました。今年は暖かいですね・・このまま春が来るのでしょうか? かき氷用のブロック氷を自然の寒さで作っている「天然の氷」の業者も苦戦しているようです。そんなことが地元の新聞に載ってました。

さて、知り合いに塩引をいただきました。脂ののっている感じで美味しそうです。

サクラマスの塩引き

釣り好きの知り合いなので、普通の鮭の塩引きじゃない事くらいは分かってました。話を聞くと某フィールドで釣った二尺サイズのサクラマスです。そう言えば数日前にこんな写真が送られてきました。

サクラマス 二尺 60cm
サクラマス 二尺(60cm)

60cmサクラマスが3本も並んでます! スゴイですね・・・ 見てるだけでテンションMAXです。

サクラマスの釣りははこれからあちこちでシーズンインですね! 九頭竜川まで行ってる知り合いもいます。

2020/1/11(土)

こんばんは。一月も、もう10日です。本日1/11は鏡開き・・さて先日、今年の初詣はどこに行こうかな?と考えていて、地元の日光東照宮とか輪王寺、二荒山神社が近くて行きたいのですが・・。世界遺産にもなっているだけあって、超人気でメチャ混みです。道路は大渋滞ですし境内は人だらけでやはり大行列です。

去年は鷲子山上神社(ふくろう神社)へ行ってきましたがさて、今年は・・なかがわ水遊園のすぐそば、光丸山へ行くことに決定。何となく那珂川と水遊園に近くて釣りにご利益がありそうな気がして・・!

で、光丸山へ・・なんか落ち着きますな。

光丸山は巨大な天狗の面でも有名ですね。実は光丸山への初詣は3回目です。

天狗の面、すごい迫力です。お賽銭を投げていろいろとお願いしてきました。もちろん楽しく安全な釣りと、鱒研blogへ来て下さる方への大爆釣も祈願しました。このブログを読んでくれた釣り師は・・大爆釣ですょ。

2019/12/24(火)

本日は12月24日、クリスマスイブですね! 

メリークリス鱒!

さて、知り合いがサクラマスを釣ってきました。このサクラマスは12月から解禁するフィールドでの釣果。中々いいサイズのサクラマスでスモークにしている最中のようです。そう言えばヒメマスが産卵してからヒメマス釣りを解禁するフィールドもありますよね。魚の保護のしかたも地域によって色々ですね!

サクラマス、スモーク中!

で、完成すると・・・

サクラマスのスモーク。

お見事なできばえですね。クリスマスの夜にはこんな逸品があつたら最高ですね。

2019/11/22(金)

こんにちは。昨日の日光連山は雪で白くなり冬へまっしぐらですね。夏は暑くて冬は寒い・・日本の四季はハッキリしていて素晴らしいですね。

さて、知り合いから素晴らしい大谷川岩魚の映像をいただきました。現在は禁漁期間に入ってますので、岩魚達も釣り人からのストレスなく優雅に泳いでます。岩魚類はヒレのフチが白くて魅力的です。

そう言えば私がガキの頃、大谷川支流の鳴沢に大きなプール状の淵があったんですね。川幅が15m位で長さは100m位はあったかな・・水深も3-4m位あったと思います。初めてそこに行った時は衝撃的でした。40cmくらいの岩魚達がたくさん泳いでいました。何度もそこへ行ってドキドキしながら眺めていたのを思い出します。

・・で、1-2年後かな・・いつのまにかそこが釣り堀になっていたのを思い出します。ちょっとした小屋があって若いにいちゃんが1人で釣り券売りをしていました・・! そんで近所のおじさんとそこへ行きリール竿でウキにイクラのエサで投げ釣りで釣ってました。なんか、岩魚の白ヒレを見て急に思い出しました。

当時は大谷川の定期放流量も400kgとか500kgとか、スゴイ量でした。だいたいの釣り師は100-200匹位の釣果で網ビクから溢れそうなくらい虹鱒を入れて持って歩いてました。当時はアルビノも放流してましたので少し混じってたのを覚えています。・・まあ、昔の話をしているときりがないのでこの辺にしておきます・・!

2019/11/20(水)

こんばんは。大谷川はオフシーズンになりましたが日光地区の街中ポイント付近、またまた河川工事が始まりました。霧降大橋の上流側で、けっこう大規模な感じです。大型の重機も川を渡ったりしています。一応こんな感じの工事をする時には、そこにいる魚を別の場所へ移すことが行われますが、今回も近々移すようです。

何の工事をやってるんでしょうかね?こんな看板がありました。「魚がのぼれる施設をなおしています」・・魚道でしょうか、、。

このな感じの河川工事があると、工事後の川の様子が心配です。昔からある自然環境からドンドン離れて行きますが、、、。ただ、川で遊んでいるのは釣り人だけではないので、我慢します。川でのアクティビティーも色々増えてきてますからね。鱒研blogを見ている釣り師の方々、来シーズンの大谷川日光の街中ポイント付近は綺麗になりますょ・・!

2019/11/20(水)

こんにちは。お久しぶりです・・! 今年は暖かいですね〜 やっと日光市の紅葉も街中まで下りてきました。例年なら終わってますょ・・日光鱒釣研究所の前にあるもみじは今、MAXです!

さて、華厳の滝では17時〜19時までライトアップをしています。youtubeにアップしてあったので貼っておきます。今回のライトアップは環境に配慮した形で試験的に実施します。11月16日(土)から23日(土・祝)までの8日間、午後5時から午後7時の2時間、行われます。もちろん観覧は無料。

滝下にいるブラウンやイワナ達はさぞかしビックリしていることでしょうね。

1件のコメント

2019/10/20(日)

こんばんは。台風19号の被害が考えていたより大きいのでビックリしております。大量の雨が降ったので河川の下流域で氾濫したのでしょうか? 私の知り合いの家(旧日光市)でも床下浸水したようです。

今年は暖かいので紅葉が遅れていますが、奥日光では色づき始めています。

さて、鱒研トレーナーの到着連絡とメッセージをいただきまして誠にありがとうございました。今回は応募数が非常に多かったため当選確率が超下がってしまいました。次回のプレゼント応募の時には何か条件を付ける等、対策を考えたいと思います。