著者アーカイブ: 鱒研

2019/11/22(金)

こんにちは。昨日の日光連山は雪で白くなり冬へまっしぐらですね。夏は暑くて冬は寒い・・日本の四季はハッキリしていて素晴らしいですね。

さて、知り合いから素晴らしい大谷川岩魚の映像をいただきました。現在は禁漁期間に入ってますので、岩魚達も釣り人からのストレスなく優雅に泳いでます。岩魚類はヒレのフチが白くて魅力的です。

そう言えば私がガキの頃、大谷川支流の鳴沢に大きなプール状の淵があったんですね。川幅が15m位で長さは100m位はあったかな・・水深も3-4m位あったと思います。初めてそこに行った時は衝撃的でした。40cmくらいの岩魚達がたくさん泳いでいました。何度もそこへ行ってドキドキしながら眺めていたのを思い出します。

・・で、1-2年後かな・・いつのまにかそこが釣り堀になっていたのを思い出します。ちょっとした小屋があって若いにいちゃんが1人で釣り券売りをしていました・・! そんで近所のおじさんとそこへ行きリール竿でウキにイクラのエサで投げ釣りで釣ってました。なんか、岩魚の白ヒレを見て急に思い出しました。

当時は大谷川の定期放流量も400kgとか500kgとか、スゴイ量でした。だいたいの釣り師は100-200匹位の釣果で網ビクから溢れそうなくらい虹鱒を入れて持って歩いてました。当時はアルビノも放流してましたので少し混じってたのを覚えています。・・まあ、昔の話をしているときりがないのでこの辺にしておきます・・!

2019/11/20(水)

こんばんは。大谷川はオフシーズンになりましたが日光地区の街中ポイント付近、またまた河川工事が始まりました。霧降大橋の上流側で、けっこう大規模な感じです。大型の重機も川を渡ったりしています。一応こんな感じの工事をする時には、そこにいる魚を別の場所へ移すことが行われますが、今回も近々移すようです。

何の工事をやってるんでしょうかね?こんな看板がありました。「魚がのぼれる施設をなおしています」・・魚道でしょうか、、。

このな感じの河川工事があると、工事後の川の様子が心配です。昔からある自然環境からドンドン離れて行きますが、、、。ただ、川で遊んでいるのは釣り人だけではないので、我慢します。川でのアクティビティーも色々増えてきてますからね。鱒研blogを見ている釣り師の方々、来シーズンの大谷川日光の街中ポイント付近は綺麗になりますょ・・!

2019/11/20(水)

こんにちは。お久しぶりです・・! 今年は暖かいですね〜 やっと日光市の紅葉も街中まで下りてきました。例年なら終わってますょ・・日光鱒釣研究所の前にあるもみじは今、MAXです!

さて、華厳の滝では17時〜19時までライトアップをしています。youtubeにアップしてあったので貼っておきます。今回のライトアップは環境に配慮した形で試験的に実施します。11月16日(土)から23日(土・祝)までの8日間、午後5時から午後7時の2時間、行われます。もちろん観覧は無料。

滝下にいるブラウンやイワナ達はさぞかしビックリしていることでしょうね。

1件のコメント

2019/10/20(日)

こんばんは。台風19号の被害が考えていたより大きいのでビックリしております。大量の雨が降ったので河川の下流域で氾濫したのでしょうか? 私の知り合いの家(旧日光市)でも床下浸水したようです。

今年は暖かいので紅葉が遅れていますが、奥日光では色づき始めています。

さて、鱒研トレーナーの到着連絡とメッセージをいただきまして誠にありがとうございました。今回は応募数が非常に多かったため当選確率が超下がってしまいました。次回のプレゼント応募の時には何か条件を付ける等、対策を考えたいと思います。

2019/10/15(火)

こんばんは。台風19号・・日光方面も、ものすごい雨でした・・日光いろは坂は上下線とも通行止めとなり栗山では避難指示が出て、大谷川も危険なくらいの大増水でした。

さて、台風の数日前に大谷川支流の滝上へキノコ採りへ行ったのですが、今年は暖かかったせいで紅葉が遅い感じです。台風の影響がなければよいのですが・・・

滝上はジョウケンボと岩魚の宝庫。

鱒研トレーナーの発送が完了しました。鱒研缶バッジも付けましたので、もしよかったらキャップやベスト等に付けてください! 下の写真のようなダンボール箱が明日10月16日(水)に届きますのでお受け取り宜しくお願いいたします。

手づくりダンボールです。不格好ですいません!

2019/10/11(金)

こんばんは。また台風が関東地方に近づいているようですね。週末になると台風が来るので日光市では色々な秋の行事が中止になっております。特に今回は「日光けっこうフェスティバル」が中止なにってます。その中の行事の1つであります「秋の花火大会」の中止は残念ですね。

さて、鱒研オリジナルグッズの応募期間が終了しました。毎回応募者の数か増えていますが、今回もさらに今迄で一番応募数が多かったです。なんと前回の約二倍です・・ありがとうございました。

そこで急遽ダークブラウンの男性Lサイズを2枚追加しました。こちらは今回応募いただいた中より追加抽選させていただきます。

そう言えば前回の応募写真にはありませんでしたが、mkフックのニュー鱒研マークのワンポイントが首の後ろにバックブリントしてあります。

鱒研オリジナルグッズ
バップリントは鱒研マークのワンポイント

今週末は忙しいので、来週始めに今回の鱒研オリジナルグッズを発送致します。もうしばらくお待ち下さい。

2019/10/07(月)

こんばんは。いつも鱒研blogにアクセスいただきましてありがとうございます。今回は久しぶりの鱒研オリジナルグッズ、プレゼントのお知らせです!今まで鱒研ステッカーや鱒研缶バッジ・ストラップ・マグネット等をプレゼントさせていただきました。今回はフリースの長袖シャツです。生地の色はブラックとダークブルー、サイズは男性のLサイズ。プリントの色はレモンイエローで、今回もミノーorフライのver. があります。どちらか選んで下さい!各色ver.が各1枚で合計4枚です・・少なくてスイマセン。

今回も応募者がプレゼント枚数を超えましたら抽選とさせていただきます。下に鱒研グッズ応募フォームを設置いたしますので、もし欲しい方がおりましたら応募していただきたいと思います。

応募期間:2019年10月10日23時59分まで(鱒研で受信したメール日時)応募はお1人様1枚でお願いします。当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

フライver.
ミノーver.

鱒研グッズ応募フォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

〒 (必須)

ご住所 (必須)

TEL (必須)

フリースの色(必須)
ブラックダークブルー

プリント、ミノーorフライのver. (必須)
フライver.ミノーver.

メッセージがあればどうぞ!

2019/09/30(月)

こんにちは。東武日光駅前では昨日まで地ビール祭りが行われていました。日光は観光地ですので、これからのシーズンは花火大会や世界遺産のライトアップ等イベントが多くなり一番賑やかなシーズンとなります。

さて、知り合い釣り師よりスッゴイ写真がLINEで送られてきました。当然ですが時期的に栃木県内ではなく福島県のフィールドでの釣果。まず写真をどうぞ・・・↓

ヤマメっぽいですが46cmもあります。

いかがでしょか? 婚姻色の出ている大ヤマメ・・・いやいや、大ヤマメどころではないサイズです。なんと46cm! しかも大谷川の馬返しより水量の少ない川で釣ったようです。ヤマメって虫エサだけでこんなサイズになるんですかネ?・・この川の数キロ下流には湖水があるようです。魚止め等の堰堤や大きな滝はないようですので、産卵の為に湖から遡上してきたヤマメと考えるほうが正しいような気がします。どう見ても湖でワカサギ等のベイトを食べてますよね!

サクラマス!?

と言うことで、サクラマスと言うことになります。お腹がへこんでいるようにも見えますので、もしかすると少し早いですが産卵後かもしれませんね。とすると、この魚はもうすぐ亡くなる運命にあるのでしょうか・・。リリース派の釣り師ですのでリリースしましたが、何となく少し弱っている感じだったとおっしゃってました!

今回LINEで情報をいただきましたが、サルナシさまです。ですので他の写真や動画がインスタへ行くといっぱいあります。→  lookeedon〈Insta〉

2019/09/20(金)

こんにちは。県内は禁漁になりましたが、中禅寺湖ではワカサギ釣りが解禁です。今年の中禅寺湖はレイクトラウトが釣れすぎる感じでした。逆にヒメトロ(ヒメマス釣り)が全くダメなシーズンでした。ヒメマスにはサイクルがあるような事も漁師の方に聞いた事がありますが、真実はどうなんでしょうか?

さて早速、知り合いから中禅寺湖のワカサギ釣りの情報をいただきました。

中禅寺湖ワカサギ

いいサイズのワカサギが爆釣のようです。ワカサギのタナまでサビキを沈める前に、外道(アイソ等)がきてしまう事もあるようです。外道が来るとサビキがグチャグチャになってしまうので、よく湖底を確認しながら仕掛けを落すようです。

釣れたワカサギはジップロックに入れて保存します。サイズににもよりますがだいたい150匹くらい入るようです・・それが4袋・・っつうことは約600匹・・スゲー釣れてる! ワカサギはフライにすると絶品ですね。冷凍しておけばいつでも食べられます。

中禅寺湖のワカサギ

今年の日釣り券は¥1,080で釣り時間は午前8時〜午後4時まで・・なんか少し短くなってないですかね?詳しくは「ワカサギ釣りご案内」をご覧下さい。

2019/09/19(木)

こんにちは。日光周辺のフィールドは水温も下がってきて魚の活性が上がってきました。しかし本日で県内の一般河川の釣り期間は終了ですね。いつも「これから・・」と言う時に禁漁になります。残るフィールドは隣県の福島県内の一般河川や湯の湖・湯川・丸沼・東古屋湖等があります。

さて、シーズン最後の大谷川、神橋上と上流部での釣りです。水量も落ち着いてきましたので安全で楽しい釣りができました。最後なのになぜか釣り師が少ない気がします。今回も鱒研Tシャツを着て自撮りです・・この自撮りが釣りよりはるかに難しいのですが・・・楽しいのでまたまた撮ってきました!今回、50ショットくらい撮って使えるのが1-2枚です。

大谷川上流のヤマメ
大谷川ヤマメ

今回は少し(3匹)だけヤマメをキープしてみました。小さいポイントにいるヤマメを拾い釣りして今晩のビールのつまみにしたいと思います。たまには美味しい塩焼きにして食べようかなと思って! 残りのヤマメと岩魚とレインボーとブラウンは写真だけとってリリースです。今回はヤマメ5・岩魚3・レインボー1・ブラウン1でした。活性はよいのですがキビシい釣果です。

大谷川ヤマメ

近年減少している大谷川岩魚ですが、下流部は特に減少しているような気がします。関ノ沢大橋付近、今年は数回しか行ってませんがノーヒットです。ネイティブの多い中流部ヤナギ堰堤付近もヒット率が下がってます。上流部の栄橋付近も若干減っている感じです。岩魚(ニッコウイワナ)がヒットしたら、なるべくリリースしるようにしたいですね。食べるとか剥製にするとか、目的があれば別ですが・・・

大谷川ブラウン
大谷川ブラウン

で、上流部へ行くと岩魚が中心になりますが稀にブラウンがヒットします。今シーズンはブラウン生息域にもまさかの川鵜がいました。なので、ブラウンの釣り方よりも川鵜の話です。もちろん今日も熊道上の堰堤付近に単独でいましたょ! 川鵜は水中へ潜って猟をしますので、中層にいるブラウンや深場にいる岩魚も食べられてしまいます。釣り師の意見としては川鵜は駆除です。しかし反対に、野鳥等を愛護している人達がいる事も事実です。色々な角度から物事やフィールドを見ないといけませんね・・・!

そう言えば、トイレにあった大きなスズメバチの巣は駆除してありました。

さて、来シーズンになりますがブラウンは上流部にしか生息してないので、釣りたい方は上流部へ行って下さい。岩魚より早く出てくる感じですので釣りやすく、ヒット後のファイトは皆様ご存じだと思いますがジャンプしたり大暴れして釣り師を楽しませてくれます。

楽しかった今シーズンの大谷川の釣りも無事に終了しましたネ。