月次アーカイブ: 6月 2019

こんにちは。水不足だった各フィールドも、梅雨入りして安定してきたと思います。さて、水生昆虫の羽化が最盛期な感じてすね。なので今回はフライ(ドライ)で楽しんできました。フィールドは大谷川日光地区の街中ポイントです。水性昆虫の羽化は早朝と夕方がピークですが日中でも羽化はあります。流れのあるポイントでは流れの弛む瀬の両側やプールの吐き出しが釣りやすいと思います。

大谷川の日中、ライズはありませんでしたが川の水量・水温・水の色等 雰囲気はよさそうです。大きいプール状のポイントの流れが対岸の岩にぶつかるあたりへフライをキャスト、同じ場所へ4回目のキャストでヤマメが出ました。

街中ポイントはサービスヤマメやレインボーが中心となります。夕方はライズも多くなりマス達は表層しか見てません。中層を泳ぐルアーではヒットしません。マイクロルアー等で表層を滑らせるように引くとヒットします。

ところで釣りをしていて川へ落ちた事ありませんか? 私は何度もあります!しかも足が付かないドン深ポイントへ落ちると頭まで沈みます。水へ落ちたときは必死に泳ぎますので水の冷たさってはあまり感じませんが、無事に陸上へ上がってホッとしたときに冷たさを感じます。実は、先日も落ちました! もし、川へ落ちたときは冷静になって、手に持っている釣り竿等はすぐに放して両手で泳ぐ等、まずは足が付く場所まで移動します。安全な釣りが最優先ですからネ!

こんばんは。そろそろ梅雨です・・と言うことは日光方面の各フィールドはピークを迎えますネ!

さて、中禅寺湖です。先週までは早朝に国道側の駐車場が満車、まさに解禁日のような釣り師の数です。入りたいポイント入れません! ほとんどの釣り師がフライマンです・・

水量がイマイチ増えない状況がつづいてますが、トラウト達は近場でワカサギを追っていますのでハイ活性です。へたにウェーディングしすぎると魚の回遊ルートを越してしまうため、自分の後ろ側(浜側)で大型トラウトがライズすることになります。・・で、デカいトラウトがワカサギを食いまくってましたので、そこへミノーを流すと・・ガボッ! 太いブラウンでした。

ミノーに出た中禅寺湖ブラウン
中禅寺湖ブラウントラウト

ハルゼミは山側に多いのでセミ釣りが楽しいですね。国道側はモンカゲロウが乱舞しています。10番位のウエットで狙うと楽しそうです。ワカサギも多いのでミノーやマイラーチューブ等で巻いたフライが楽しそうですね。

レイクトラウトは増えましたね。目測50-60cm位のレイクがワカサギの群れを追い回している光景はそこら中で確認できます。見ているだけでテンションMAXです。で、レイクがヒット・・!

中禅寺湖レイクトラウト

今年はヒメマスがダメなようですのでヒメトロの船がほとんどいません。中禅寺湖のハイシーズンは梅雨明けまでです・・。

そう言えば、雨が少ないので中禅寺湖の水量も増えません! 中禅寺湖のある奥日光は超有名な観光地であります。中禅寺湖の節水のため華厳の滝を観光客少ない時間は止めています。午前7時前は華厳の滝は流れてません。

華厳の滝〈午前7時まで節水で止めてます。〉

こんにちは。大谷川はムシムシしますネ・・梅雨が近いですかねぇ〜 でもまぁ釣れてるので楽しいです。

大谷川日光地区ですが先日ヤマメとレインボーの放流がありましてので、仕事の合間に軽トラの荷台にロッドを載せて様子を見てきました。

意外に釣り師が少ないですね。まぁ、平日だしネ・・せっかくなので竿を出してきました。場所は向河原橋上流付近から含満付近です。

どこのポイントへ入っても1投目からヒットしてきます。1ヶ所のポイントから4-5匹出るので、好きな各ポイントを数カ所チェックするだけで数十匹の釣果ににります。まあまあのヒット率でいい感じですね・・!

大谷川ヤマメ
大谷川ヤマメ

放流は私も手伝ってきましたが、いつもより各ポイントへの放流量が多い気がしました。放流総量は増えてませんので、その分放流範囲が狭くなっています。大日橋付近は放流してません!

さて、レインボーは大型もいるしヒットするとジャンプして抵抗するので超楽しいですね。

大谷川レインボー
大谷川レインボー
大谷川日光地区
大谷川日光地区

水温は12℃、水の色もよくカゲロウ等の水生昆虫も多く乱舞していて川の状態は非常に良いと思います。

釣果は数えませんでしたが3桁いってる感じでした・・! 勿論全てリリースです。

大谷川ヤマメ、リリース
大谷川ヤマメ、リリース