著者アーカイブ: 鱒研

2024/06/06(木)

こんにちは。
 中禅寺湖は釣り券が値上げされ、さらに全ての駐車場が有料化されたため、釣り師が減少するかと思いきや平日でも入るポイントが限られるほど釣り人が多く、絶好調であります。さすが鱒釣りの聖地、中禅寺湖ですね!
 さて、中禅寺湖の状況は陸っぱりも船も絶好調です! 水量もかなり戻ってます。表層水温は13度でまさにいい感じです。鱒達は餌のワカサギを取るためにかなり岸近くを回遊しているようです。ウェーディングしすぎると鱒達にプレッシャーをかけてしまいますので注意が必要です。
 中禅寺湖の水はキレイすぎるので魚から釣り師は丸見えです。少し風があって水面が波立っていると釣りやすいですね。フライの方がボカシが効くので有利な感じです。シングルハンドでやったら楽しそうです・・・で、注意しながら少しウェーデングして岸ギリギリ(岸から5m〜10m位)の表層をジグで早引きしてたらガツンと重いアタリが有り何かがヒット! その後大型の黄金の鱒がジャンプ・・・ブラウンとすぐに分かり時間をかけてファイトを楽しみました。やっぱブラウンのファイトは楽しいですね!

60cmオーバーの立派なブラウン!

で、おまけサイズのレイクトラウトがヒット。お腹にラインを巻かれてランディング・・・

2024/06/02(日)

こんにちは。
 日光もコロナが明けて観光のお客様が略戻ってきた感じです。私の仕事も急激に忙しくなり中々釣りに行けない状況が続いています。
 さて、もうすぐ梅雨に入りますね!
淡水の鱒達は冷たい水を好みますので、梅雨明けまでが表層付近での釣りのベストシーズンとなります。そんな中、知り合いのi-meiginさまが「中禅寺湖の本マスが絶好調ですよ!」って・・なんとも羨ましい情報をいただきました。綺麗な中禅寺湖と男体山が鏡のように写っている写真もいただきましたので、ご覧ください!・・・逆さ富士のように美しいです・・・こんな美しいフィールドで釣りができる私たちは本当に恵まれていると実感します。


i-meigin さま / 本マス


中禅寺湖は最盛期です。
本鱒が好調です‼️
ワカサギを追っているので、グツトコンディション魚の引きがすごいです❗️
レッドコアで45センチアップの本鱒がかかるとなかなか楽しめます。

 中禅寺湖は最盛期です。梅雨明けまでに何回行けるか? 時間のあるアングラーの方々は、チャンスを見逃さないようにしましょうネ!

2024/04/16(火)

こんばんは。
急に暖かくなってきましたね・・・!
本日の日光は弥生祭の前夜祭が行われています。鱒研の外ではお囃子の音が聞こえていい感じです。

さて、本日は中禅寺湖です。
 中禅寺湖の状況ですが、水量もいい感じになってきました。早朝の水温は5℃です。前回が4℃でしたので少しづつ上昇しております。釣り師の数も比較的多い感じです。釣り師が多いと言うことは釣れてる証ですね!・・で、魚の活性もどんどん上がっております。だだしベイトが少ないのか、レイクトラウトのお腹がぺっちゃんこです。
 本日はSミノー5-6カウントでレイクが連続で2本ヒットしました。表層付近です。

 ブラウンと本マスが今年はまだヒットしてません。80cmくらいのブラウンがヒットしないかな〜と思いながらキャストしてます。次回は出るかなぁ〜 Fミノーやポッパーで出るようになると楽しいですよね・・・!

2024/04/05(金)

こんばんは。
 4月になって暖かい日が続いてましたが、今日は少し寒かったですね!
で、本日は岩魚の顔でも見てこようと思い鬼怒川支流へ行って来ました。やはり渓流も今年は減水しておりますね・・例年の今時期と比べ30%くらい減水してます。水が超キレイなので静かに近づけば岩魚が見えると思いましたが目視はできませんでした。
 タックルを準備して(今回ルアーです。)入渓・・大きな堰堤下へ入り5cmのSミノーを20投くらいしました。確実に魚はいるポイントで通常ですと3-4匹はヒットしますがノーヒット!なんか変だな・・先行釣り師が入ったのかもしれません。なので、上流へ移動です。

この辺は解禁用にヤマメの放流がありますので、目的の岩魚ではなくヤマメが数匹ヒットしてしまいました。まぁいいか・・楽しいしな・・で、すぐにリリース

ポイント移動中、カエルの卵があちこちに産んでありました。春っぽくていい感じです。

2024/04/02(火)

こんにちは。
熊出没目撃情報、です。
大谷川神橋付近から上流のガンマン付近です。


 本日午後4時50分ころ、日光市匠町地内の河川敷において体長約80センチメートルの熊1頭の目撃情報がありました[日光警察署]

この情報では、大谷川西町付近が注意です。だいたい下のマップ付近。

2024/04/02(火)

こんにちは。
中禅寺湖、解禁情報vol.2です。
 中禅寺湖の解禁にしては空いてる感じです。だいたいのポイントには入れますし両隣の釣り師の間隔も十分にありストレスはありません。水量が少ないのでウェーダーを履かなくても射程距離まで届くため、普通の長靴でも大丈夫な感じです。
 今朝の中禅寺湖の雰囲気ですが大型の鱒が何かにボイルしてます。水生昆虫は全く確認できません・・目視はできませんが何かの稚魚が表層にいるのかもしれませんネ!ただし、表層ではヒットしませんでした。
 さて今回、国道側へ5時に入り20投目くらい・・時間にして15分くらい表層からベタ底までキャストして探っていると8カウントでレイクトラウトがヒットです。中層くらいだと思います。ブラウンはどこ行ったのかな?
 その後、ピタリとアタリがなくなり全く魚っ気も消えましたので、6時に上がりました。約1時間の釣行でした。

2024/04/01(月)

例年にない暖かさで中禅寺湖が解禁しました。当初は超減水での解禁・・どうかるか!と思っていましたが、鱒達は手前まで来て餌取りをしてたようです。・・で、早速釣果情報が入りました!


i-meiginさま/レイクトラウト


中禅寺湖解禁しました‼️
一投目からガツッと来ました。
今年は今までで、一番暖かい解禁で、気温7度❗️PEラインが凍らない❗️5:00〜6:15までの釣果でした。

グッドサイズのレイクトラウトが1時間ちっとで2本、素晴らしい釣りスタートですね!

さて、これから6月頃までがベストシーズンです。中禅寺湖は様々なポイントがありますが、魚の活性や水深、水質などによってヒット率が変わります。これからの季節、浅い水域や水流のある場所、水温が安定しているエリアをさがしたり釣り仲間から情報を得たりして・・それと朝晩はもちろんですが、天候や気温の変化によって魚の活性が上がるのでそんなことも見逃さずに楽しくチャレンジすると良いと思います。

2024/03/29(金)

いよいよ待ちに待った鱒釣りの聖地中禅寺湖が4月1日解禁ですね!しかし今年は中禅寺湖の水量が極端に少なく観光用の遊覧船の桟橋に船が付けない状態です。魚釣りには以下のような影響があるかもしれません。

  1. 魚の移動パターンの変化: 減水により水深が浅くなるため、魚の生息域や回遊パターンが変化する可能性があります。水深の浅いエリア、もしくわ深いエリアに魚が移動すると思いますがどっちでしょうね?たぶん浅いエリアかな〜
  2. 餌の供給量の変化: 減水により水中の餌の供給量が変化する可能性があります。レイクやブラウン達は水深の浅いエリアで容易に餌を見つけることができるかもしれませんが、ヒメマスは餌不足により移動を余儀なくされるかもしれません。
  3. 水温の上昇: 水深が浅くなると、水温が上昇しやすくなります。これは魚の行動に影響を与え、解禁時期は水温の高い水域を好む傾向がありますが、レイクや岩魚は水温上昇に対してストレスを感じる可能性があります。
  4. 水質の変化: 水深が減少すると、水質の変化が起こる可能性があります。浅い水域では水の動きが速くなり濁りが生じることがあり、これが魚の生息条件や餌の選択に影響を与えるかもしれません。
  5. 釣りの難易度の変化: 減水により魚の位置や行動が変化するため、釣りの難易度が変わる可能性があります。特定の魚種が浅い水域に移動する場合、釣りやすくなるかもしれませんが、他の魚種が深い水域に移動する場合は釣りが難しくなるかもしれません。

今年の解禁は例年以上に減水していますので、よい釣りをするためには釣り師が水温や水質の変化に敏感に対応する能力が必要となります。また、ポイントや釣り方を適切に選択することも重要だと思います。

2024/03/15(金)

 テンカラ釣りは、日本の伝統的な釣りの一つで、特に山岳地帯の渓流で行われることが多いです。その名の由来は、いろいろありますがよく分かっていません。例えば天から落ちるような糸の動きを表しているとか・・・

 テンカラ釣りの特徴的な点は、タックルや操作がシンプルで初心者にも扱いやすいところです。テンカラ釣りでは、投げる、流す、引くという基本的な動作を駆使します。水流に乗せて糸を流し、毛鉤が自然に流れる様子を演出することで、魚を誘います。

 毛鉤は、昆虫などを模したもので、これを見た魚が食物と誤認し、食いつくのを待つというのが基本的な釣り方です。そのため、魚の生態や水流の読み取り方、季節や時間による魚の行動パターンなど、自然との対話を楽しむことができます。

 ただし、テンカラ釣りの技術や知識は深いものがあり、そのシンプルさゆえに、微妙な操作や対応が求められる場面も多いです。そのため、一見簡単に見えても、実は奥深い釣法なのです。

 今シーズンも日光市にあります「小来川テンカラ釣り専用C&R区間」が解禁となります。(因みに「小来川」とは川の名称ではなくここの地名です。小来川という川はありません!、川の名称は黒川となります。)まずはこの専用エリアでテンカラの雰囲気を楽しむと良いと思います。今年は3月23日に解禁となります。詳しくは以下のパンフレットをご覧ください!

2024/02/26(月)

名人釣り師のみなさん、こんばんは!

待ちに待った日がやってきました!3月1日、ついに渓流魚の釣り解禁です!新しい季節がやってきましたね。寒さも少しずつ和らぎ、自然の息吹を感じるこの季節は、釣り好きにとっては最高のシーズンのはじまりです。

準備はできていますか?
フィールドは、とりあえず・・大谷川今市支部の水郷橋下流部から鬼怒川付近ですね!

心待ちにしていたルアーを手に、準備を整えて、清流へと出かけましょう。あの静寂の中で、流れる水の音を聞きながら、自然と一体になる贅沢な時間。釣りの醍醐味を存分に味わいましょうね!

また、釣りは単なる趣味だけでなく、心の癒しにもなります。忙しい日々の中で、自然の中で静かに時間を過ごすことで、心がリフレッシュされると思います。ストレスや煩わしさから解放され、新たな活力を得ることができるでしょう。

そして何よりも、釣りは新たな出会いとのきっかけにもなります。同じ趣味を共有する人々との出会いは、人生に彩りを与えてくれます。思い出に残る釣りのエピソードや笑い話が、きっとたくさん生まれることでしょう。

さあ、新たな季節が始まります!渓流魚の釣り解禁とともに、自然とのふれあいを楽しんで、素敵な時間を過ごしましょう。思い出に残る釣り旅が、みなさんを待っています!

今シーズンも楽しい釣りの旅をお楽しみください!良い釣りを!