鬼怒川水系

こんばんは。
 今シーズンも明日から一般河川は禁漁になりますね。
まだ台風は来てませんが本日の大谷川はコーヒー色でした。日光は今日の夜中に最接近して通過するようです。
 今年は6月頃に釣りの足に使っていた軽トラのエンジン故障により、車を買い換えることにし、注文はしたものの今だに納車になりません。一応ディーラーから来月中には納車しますと連絡がありました・・因みに今度はアトレーです。
なので、その後はジムニーで釣りに行ってましたが釣行回数は減った感じです。
 先日の渓流釣行時、秋のオニムシ取りをしてきたら、まあまあ大量でした。
ヒメオオ10頭以上に70mmオーバーのガバン、いいサイズのアカアシもゲットしました。
 今回は写真にポイントが分かりやすいモノが入りすぎてるため載せません。
でもまあ、まだまだ解禁中のフィールドはたくさんありますので、秋の爆釣シーズンを楽しみたいと思います。

2022/08/21(日)

こんにちは。
 本日は大谷川日光地区の今シーズンラスト放流日です。いつもは9月の第1日曜日ですが、今年は都合により8/21(日)になっております。
 いつもより釣り人が少ない感じでしたが、天気は曇りで絶好の釣り日和です。ラストシーズンをお楽しみください!

大谷川霧降大橋上流側(一般釣り場)

 霧降大橋の下流側、大谷川キャッチ&リリースエリアにも放流しました。C&Rエリアは一般釣り場より空いてますので、魚を持ち帰らない餌釣り師以外の方にはオススメです。本日から2-3日間は入れ食いでしょうネ!

✳︎9/11(日)は大谷川下流の今市地区のラスト放流日です。そして栃木県内の一般釣り場は9/20より禁漁期に入ります。

2022/07/22(金)

 ついに夏休みになり、子供達も川や山に出かけてアウトドアを楽しんでいるようです。暑いとはいっても朝晩の日光は涼しいです。さて、知り合いから楽しい夏のテンカラ情報をいただきました。


 日光市内には、昨年にオープン(日本初です)した三依テンカラ専用区間(おじか・きぬ漁協)と今年オープンしたばかりの小来川テンカラ専用区間(黒川漁協)2つのC&R区間があります。どちらもできたてホヤホヤ、テンカラ釣り師にはたまらない環境です・・先日の連休を使って2つの釣り場を見てきたのでご報告いたします。

 初日は、三依テンカラ専用C&R区間に行きました。この釣り場は、まさに渓流といった景色で水の透明度も高く、川を歩いているとイワナとヤマメを簡単に見つけることができます。水深も浅く、河原も歩きやすいため初心者でも安全に釣りをすることができます。ただし、川の周りに木々が覆い茂っているので、短め(3m前半)のテンカラ竿を使用したほうが釣りやすいと感じました。さっそく、釣り人に釣果を聞いたところ、3時間程度で15~20cm程度のイワナとヤマメが4尾ほど釣れており「今シーズンからテンカラ釣りを始めたが、こんなに釣れて嬉しい」との感想でした。

三依テンカラ専用C&R区間(見通沢)で釣りをするビギナーの様子
釣れる魚は美しく、ヒレピンのイワナも

 そして嬉しい情報がもう1つ、三依テンカラ専用区(見通沢)が流れ込む入山沢にある管理釣り場「三依渓流釣り場」では、今年から新メニューとしてテンカラ丼が販売されています!渓流魚の唐揚げと山菜の天ぷらをのせたテンカラ(天ぷら+唐揚げ)丼です。イワナの唐揚げは、絶妙な揚げ加減で外はサクサク、中はフワフワでした。そこに地元で採れた新鮮なワサビの葉とクレソンの天ぷらがのっています。揚げ物コンビですが、食材はさっぱり系のため、アブラっぽいと感じることなく美味しくいただきました!三依テンカラ専用区については、こちらの動画もぜひご覧ください→こちら!

テンカラ丼、これで1000円はお得!

 2日目は、小来川テンカラ専用C&R区間です。区間の下流域は子供や初心者も楽しめる里川ですが、上流域は滝や岩など野趣あふれる渓相となり経験者向けとなります。放流しているのはヤマメのみで、資源調査を目的に全ての放流魚の“あぶらひれ”を切除しているので、釣った際に放流魚なのか野生魚(自然繁殖した魚)なのかを見分けることができます。実際に釣って放流魚と野生魚の違いを比べてみるのも面白いかもしれません!現地で釣り人に釣果を聞いたところ、9時から15時まで(途中、休憩をはさんで)に18㎝から25㎝までのヤマメが12尾釣れ、そのうち野生魚が5尾入っていたそうです。ヤマメが毛バリに食いつく光景が忘れられないと興奮していました。

小来川テンカラ専用区のヤマメ

 お昼ご飯は専用区内にある瀧茶屋でそばセットをいただきました。お膳と器は100年以上前のもので、お店も料理もこだわりを感じます。特にお勧めはジャコの卵とじ、ほんのり甘い卵と山椒の実のアクセントがたまりませんでした。

瀧茶屋のそばセット

 そしてもう1つ、専用区内にあるCafé奏音では、10色の味を楽しめるテンカラ(10 color)かき氷をいただきました!まさに子供の頃の夢が実現したようなスイーツです(笑)、しかも日光の天然氷を使用しています。このお店のテラス席からは川が見え、ヤマメの群れが悠々と泳ぐ姿を観察できます。テラス席では、地元のテンカラ師がヤマメのライズを眺めながら毛バリを作っていました。なんと贅沢な環境なのでしょうか・・日光市に住んでいる方は、この楽しくて美味しい「テンカラ」をぜひ体験してみませんか?きっと忘れられない夏の思い出になりますよ!

Café奏音のテラス席で食べるテンカラかき氷

2022/07/03(日)

こんにちは。
 今日も日光は暑いです。大谷川霧降大橋付近の釣り師はゼロです。雨降ると一気に気温が下がるので、夕立っぽい雨がほしいところですネ・・・!
・・で、本日は鱒研bbs(LINE)より鬼怒川本流スーパーヤマメと支流の涼しそうな沢岩魚の情報です!


2022.7.2(土)鬼怒川本流&砥川釣行です。 / ミッチー さま


 鱒研さんこんにちは!久々の投稿になります。しかも初の(LINE)での投稿です。天気予報によると塩谷、日光地区もかなりの暑さになるとの事で早朝に鬼怒川本流佐貫頭首工下流からのスタート。しかしながら堰の上流で農業用水の取水の為に下流側は通常よりかなりの減水で魚の反応は皆無。堰の上流側に移動する前に大きな岩盤帯の深場でミノーを通したところ、猛烈な勢いで何かがバイト。ジャンプしたので初めはレインボーかと思いましたが引きの感じが強めのローリングなのでもしやとキャッチしたところ、45cmのスーパーヤマメでした!

鬼怒川スーパーヤマメ(鬼怒マス)
鬼怒川スーパーヤマメ45cm(鬼怒マス)
本流から見た佐貫観音、いい写真ですね!

 その後堰の上流側もやってみましたが魚の反応は無かったので、鬼怒川本流は終了。休憩と早めの昼食を済ませ今北漁協管轄の板穴川、小百川方面に移動。当日はちょうど両河川の放流日と重なり放流箇所周辺は駐車スペースも確保出来ない程の人出…。もともと混雑したところでの釣りはあまり好きでは無いので諦めて、放流から日が立っているもう一つの河川の砥川上流部に移動し入渓。だいぶ水量は落ちている様子?(初めての河川の為)でしたが岩盤の際から綺麗な23cm程のかわいいイワナが出てくれました。

涼しそうな沢・・・vol.1
涼しそうな岩魚・・・
涼しそうな沢・・・vol.2

 ヤマメも45cmにもなると銀毛していてサクラマスですね!カッコいい以外、言葉が出ません!暑くてもフィールドへ行けば何かが起きる・・ってことですかね? そして支流は見るからに涼しそうです・・・さらに出て来た岩魚が涼しそうですね!

2022/06/06(日)

こんにちは。
本日は、大谷川上流(日光西町)へヤマメとニジマスを放流しました。
50cmオーバーのニジマスも入ってます。良いシーズンなので、ドンドン釣りへ出かけて楽しみましょう。身も心もリフレッシュしますょ!

50cmオーバーのニジマスは、少し下流側へ放流しました。細いハリスやリーダーではヒットしてもキャッチは難しいと思います。一般的にヒットすると下流へ走りますので、釣り師もラインブレイクしないように魚と一緒に走れれば、なんとかなるかも・・です。足場が良くてリール付きのタックルでしたら忘れられない釣りになると思います。


2022/06/05(日)

こんにちは。
クマ出没目撃情報、です。
大谷川ローリングダム付近から上流のやしおの湯へ行く橋付近です。


 4日午後3時35分ごろ、日光市清滝1丁目の道路でクマ1頭が目撃された。
日光署によると、クマは体長約1メートル。[日光警察署]

この情報では、大谷川ローリングダム付近が注意です。だいたい下のマップ付近。

2022/06/04(土)

こんにちは。
6月に入りました。渓流釣りのベストシーズン突入でありますネ! 水生昆虫の羽化もピークを迎えていて、川に行くと素晴らしい光景が見られます。

さて大谷川日光、定期放流のお知らせです。


大谷川定期放流情報


・日時:6月5日(日)
・釣り開始時間:午前9時
・放流場所:総合会館〜含満ヶ淵(今回は神橋より上流の西町です。)
・ヤマメ 65kg レインボー 130kg (放流時間:午前7時より)
・料金は、令和4年のシーズン券(鬼怒川漁協)がある方は無料です。それ以外の方は1,500円(日釣り券はコンビニ等で購入できます。※現場扱いは¥2,500になります。)

2022年度、大谷川の放流情報は→こちら

2022/05/26(木)

こんにちは。
 シーズンも天気も清々しくて・・釣りに行くしかない!・・感じであります。昨日、私が大谷川中流でルアーをやっている頃、上流に入っている知り合いの n-meijin からLINEが入り、「上流は濁りとゴミで釣りができない」等のこと。そういえば今シーズンの大谷川上流付近は釣りにならないくらいずぅ〜っと増水してるな!と、思ってました。なんとなく見に行くものの、ダメな感じなので釣りもせずに別ポイントへ移動となります。昨日は大谷川中流で 5チェイスで 2バラシ ノーキャッチでした。全て岩魚・・動画は撮ってあるので後日YouTube「ますけんチャンネルにアップします。

さて、知り合い釣り師からLINEで送られてきた情報をどうぞ!


大谷川支流の岩魚 / n-meijin さま


大谷川のガンマン付近、濁りとゴミでどうしようもないのでいつもの支流へ・・・
で、堰堤付近でちっこい岩魚が釣れました。やっぱいつきても釣れますね!

少なくなってきた天然のニッコウイワナですね。白くて細かい斑点やお腹のオレンジ色が美しいですね!

ちょっと一人言・・・そういえば大谷川本流の岩魚(ニッコウイワナ)が激減しています。あくまでも釣りの感覚ですが、10年くらい前はちょこっと1-2時間程度(東電取水口〜ふれあい橋付近で)釣りすれば10匹〜20匹位は岩魚が釣れました。しかし今は2-3匹がやっとです。原因は色々あると思いますが、河川環境と水質の変化かなと・・?。河川工事(毎年どこかでやってます。)や川沿線の自然の崩壊(雑木森が杉林や宅地等に変化で栄養のある水ができない。餌となる水生昆虫等にも影響が出る。)ではないかと。大谷川支流に入ると、そういった変化の全くない自然豊かな環境では、10年前と今の岩魚の数にさほど変化はなく、沢山釣れます。


2022/05/17(火)

こんにちは。
クマ出没目撃情報、本日3件目です。
大谷川ローリングダム付近と大谷川支流の荒沢付近です。


 本日、午後1時30分ころ、日光市清滝1丁目付近の路上において体長約1メートルの熊1頭の目撃がありました。[日光警察署]

この情報では、大谷川ローリングダム付近と大谷川支流の荒沢付近が注意です。だいたい下のマップ付近。

立て続けに3件のクマ目撃情報です。いずれの情報も大きさは1mくらい・・もしかして同じクマが上流側へ移動している感じもしますネ。


2022/05/17(火)

こんにちは。
クマ出没目撃情報です。
今回は同じ日時に2件の情報がありました。日光警察署情報、久次良町付近と、下野新聞情報、清滝安良沢町付近です。


1件目の日光警察署情報は・・・

 昨日(5/16)、午後6時45分ころ、日光市久次良町地内の路上において体長約1メートルの熊1頭の目撃がありました。。[日光警察署]

この情報では、大谷川支流の根通沢や田母沢付近が注意です。だいたい下のマップ付近

2件目の下野新聞情報は・・・

 16日午後6時45分ごろ、日光市清滝安良沢町で、体長約1メートルのクマ1頭が目撃された。
日光署によると、山林方向へ路上を移動するクマを近隣住民が目撃したという。[下野新聞]

この情報では、大谷川ローリングダム付近や大谷川支流の荒沢付近が注意です。だいたい下のマップ付

同時に2件のクマ目撃情報が隣接地域付近でありました。もしかすると同じ情報が別の地域名で発信された可能性もあります。まぁ、何れにしても情報のある付近へ釣行予定の方は注意が必要ですね。