キャッチ&リリース区間

2021/02/28(日)

こんばんは。

明日は待ちに待った栃木県内の一般釣河川が解禁です。

日光方面は少し遅い解禁になっています↓。

・鬼怒川漁協管轄日光エリア:4月1日

・中禅寺湖:4月1日

・湯川 湯ノ湖:5月1日?(昨年は6月3日でした!)

さて、大谷川C&Rエリアの看板がリニューアルしました。大谷川C&Rの看板は以下Googleマップに記載した4ヵ所にあります。今回は大谷川左岸の3ヵ所をリニューアルしました。

多分、大谷川日光地区で一番釣り師が多いポイント「霧降大橋下」に上流側看板があります。

大谷川C&Rエリア、上流側看板

そして、大谷川C&Rエリアの中央付近に中央看板。

大谷川C&Rエリア、中央看板

そして、大谷川C&Rエリア最下流部に下流側看板があります。

今シーズンはこの3ヵ所の看板をリニューアルしました。

大谷川C&Rエリアは昔のように濃い魚影を保つために、釣った魚をリリースして多くの釣り師達に楽しんでもらうエリアです。でも、いつの間にか魚が移動したりしてしまうため一般釣場と変わらなくなってしまうのですが・・・カワウやサギも一年中魚を狙ってますから、その影響もあるかもしれません。

日光方面もまだ寒いですが、4月には解禁します。大谷川日光地区の今シーズンの定期放流は3回になりました。予定通り放流量と放流回数が減っています。

でも、釣り師の少ないポイントへ入れば入れ食いになる場所もまだまだたくさんあります。まぁっ・・解禁が待ち遠しいですね・・・

2020/09/10(木)

大谷川キャッチ&リリース区説明動画を作ってみました。さすがに鱒研blogを見ていただいている釣り師の方は当然知っていると思いますが、初めて大谷川へ来る釣り師の方用に、簡単にルールをお知らせします。今回、濁りと増水で実釣はしてません。

今回は動画(YouTube)で紹介します。

大谷川もあとわずかで禁漁になります。先日、私は都合でお手伝いできなかったのですが、西町へのラスト放流も行ないました。最近多いゲリラ豪雨の影響で大谷川も増水してます。注意しながら最後の釣りを楽しみたいと思います。

2020/07/05(日)

こんばんは。蒸し蒸ししてます・・梅雨ですからネ。

さて、本日は大谷川日光地区の定期放流日でした。蒸し暑いですが大谷川の水は冷たくて気持ちいいです。その大谷川へ山女魚と虹鱒を放流してきました。

今回も動画で紹介します。

そう言えば、大谷川上流で38cmの大岩魚(ニッコウイワナ)が釣れました。減少気味のニッコウイワナですが、しっかりと生き抜いてますね!

ゴールデンウイークも後半に入りました。大谷川も令和になってはじめての定期放流があります。

大谷川放流のおしらせ
5月5日9時 東町

 大谷川日光地区定期放流情報


・日時:5月5日(日)
・釣り開始時間:9時
・放流場所:ふれあい橋〜東電取入れ口(東町)まで
・ヤマメ/イワナ 150kg
・レインボー 150kg
・料金は、シーズン券がある方、及び中高生は無料です。それ以外の方は1,500円(現場扱いは¥2,500)

※現場で釣り券を購入予定の方、今シーズンより+500円値上がりしました。現場扱いの日釣り券は¥2,500です。トラブルのないようにご注意ください。

こんばんは。

暑すぎる今年ですが、ニュースでもやってますが異常気象ですね。それが原因かどうか分かりませんが、最近クマ出没が多発し、地元の新聞にも毎日のように情報が出てます。私は大谷川で2回目撃しました。しかも上流とか支流ではなく普通のポイント付近です。1回目は1週間位前、七里大橋付近をウロウロしているとクマが私に気づいて逃げ出しました。私の方がビックリしましたけどネ! 2回目は一昨々日、日光小学校の前をクマが移動中、私が先に目撃してます。

さて、最近の大谷川ですがまあまあ釣れてます。ただし大谷川本流は暑すぎて釣り師がバテバテ・・すぐに釣り終了な感じです。キャッチ&リリース付近は川鵜がいつも5〜6匹いてヤマメを狙ってます。

ところで中禅寺湖畔にあります「さかなと森の観察園」で、8月9日(木)一般公開(無料公開)があります。新キャラクターの「イワじい」「ヒメちゃん」「ヤマメちゃん」もできたようです。なんか楽しそうですネ! 釣り師の皆さんは一度くらい行った事あると思いますが、無料だしデカイ鱒達を見るとテンション上がるし時間のある方は行ってみるとよいと思います。詳しくは以下パンフレットを見て下さい。

こんばんは。

大谷川日光付近はゲリラ豪雨がありましたが、珍しく濁りませんでした。なので、上流行ってきました。とりあえず雨上がりというか時々降ってるし・・当然ハイ活性ですね! 魚は浮いてる感じでネイティブイワナがポンポン出ます。こりゃ楽しい・・なんて喜んで釣ってるとザァーと豪雨になり、びしょ濡れです。でも気持いいから不思議であります。

●大谷川のネイティブ岩魚

イワナは上流へ行く程、色が濃くなる感じです。昼間でも薄暗い環境だし樹が茂っていてトンネル状になってる場所も多いのでほんといい感じですね。

今日の大谷川上流、いつものように私1人で貸切です。なんて贅沢なフィールドなんでしょうか!

●大谷川日光上流

で、色々トラブルだらけのキャッチ&リリース区間もちょっと気になったので確認してきました。監視員の話だとルールを守らずにエサ釣り師が魚を持ち帰るという。先日私も目撃しました!

●大谷川キャッチ&リリース区間下流側

下流側から釣り上がりました。ここも貸切です・・・少し雨の影響でササ濁り、こちらも状況いいですね。で、1投目からヤマメがヒット・・おーさすがキャッチ&リリース区間だ、なんて思っていたらその後釣れなくなり、よく考えてみたら調子にのってポイントに近づきすぎに気が付き・・またいつものように冷静に静かに距離を取って釣り始めると、釣れ出しました。キャッチ&リリース区間を甘くみてはいけませんね!

●大谷川キャッチ&リリース区間のヤマメ

結局、私の私感ですがキャッチ&リリース区間は一般区間と比べて釣果はあまり変わらない感じでした。やはりキャッチ&リリースとして特別な区間を管理するためには、常時監視員がいて徹底したフィールド管理が出来ればよくなると思います。しかし現状の体制では限界があると思います。

 

こんばんは。

暑いですが湿度は低いです。フィールドを歩いていると汗が出ますが日陰に入れば我慢できる程度で川風が気持ちよく汗がひく感じです。

さて本日夕方の日光大谷川状況です。活性はいいですね! イワナが多いですが、狙ったポイントから出てくると気持いいです。釣り師もほとんどいないのでスレてません。この時期は白泡が出るような大きな落ち込みや堰堤の内側を狙うとよいと思います。ルアーは7cmミノーで速引きするといい感じにヒットしました。足元でヒットするヤツもけっこういるので気が抜けません・・!

●大谷川イワナ

今の大谷川は先日放流した街中ポイントではヤマメが多く、上流はネイティブイワナがよく出ます。イワナは川底にいますがそんなにミノーを沈めなくても反射食いで誘えば簡単にヒットすると思います。

私のやり方ですが、絶対守らなきゃいけないのは水に入らないことと、超静かに・・足音も無音にしてポイントに近づきすぎずに釣ります。それだけで釣果は倍増すると思います。

●大谷川イワナ

本日は大谷川キャッチ&リリース区間に境界がわかるロープと看板が設置されたので確認してきました。キャッチ&リリース区間って場荒れが早いと思います。元々サービスもの中心のフィールドですので、あっという間に魚も減ってきて一般釣場と変わらなくなってしまいます。キャッチ&リリース区間なのになぜ魚が減るか? ご想像の通りであります・・!

こんにちは。

猛暑です・・暑いです・・最近の日本は少し熱があるようで・・地震や大雨や大雪やスーパー台風や・・ミサイルも・・なんかの病気じゃないかな? 精密検査を受けるべきな症状であります!

さて、大谷川のキャッチ&リリース区間が相変わらず無法地帯らしく漁協の日光支部が境界を示すロープと看板を設置しました。

●大谷川キャッチ&リリース区間の上流側境界線

●大谷川キャッチ&リリース区間下流側境界線

●大谷川キャッチ&リリース区間上流側に置いてある立て看板

漁協と言ってもボランティアの組合員が会社の休みを使って作業をしています。

釣り券を買えば何してもいい・・なんて自分勝手な考えの釣り師がもしいたら・・・貴重な釣場がだんだん減少することになります。

しかし釣り券を持っている釣り師はまだマシな方で、釣り券無しの釣り師が実は多いのです。監視員とトラブルになっている話はよく聞きます。最悪の場合、警察に通報するようですから、楽しい釣りを推奨する鱒研としては耳が痛い話です。

ロープとか看板とか・・ここまでしないとダメなのか? しかしここまでしてもまだ規則を守らない釣り師がいるのも事実で、本日も写真を撮るためキャッチ&リリース区間へ行ってきましたが、ビクを持った釣り師が魚をキープしてるのを目撃しました。仕事中だったので注意する時間もなく戻ってきました。

鱒研blogに来てくれる釣り師はルールや釣りレベルが高いので、今回のような記事は無視してください。

大谷川もなんかの病気じゃないかな? 精密検査を受けるべきな症状であります!

 

こんにちは。本日3月最終の日曜日は大谷川日光地区の解禁前放流日です。あいにくの雪・・・寒いです。解禁前放流は七里付近〜馬返しまでと、赤沢・鳴沢・田母沢の支流へヤマメ300kg・ニジマス400kg 放流しました。各支流は車で入れるレベルまでの放流です。バケツを持って人力で運ぶのですからその辺も考えると放流ポイントも見えてくると思います。

●霧降大橋下

●キャッチ&リリース区間

今朝も釣り師がいて、監視員に注意されていました。マナーは守りましょう!

川鵜は4羽程度いました。大量にヤマメとレインボーを放流しましたので、川鵜もビックリしていることでしょう・・!

大谷川日光地区の解禁日は4月1日午前6時です。

こんばんは。

本日は大谷川キャッチ&リリース区間の写真を撮ってきました。週末ですが撮影時(午後)は釣り師、いませんでしたが、通常は1日あたりトータルで10人程度の釣り師が入ってる感じに見えます。いつもと違う方向から撮ってみました! 私は釣りしてる時間がありませんでした。

●大谷川キャッチ&リリース区間

1607233大谷川キャッチ&リリース区間

さて、本日2度目の鬼怒川ヤマメ情報です。鱒研BBS


旧今市市内 鬼怒川

ヤマメ釣れました。

ツーヒット・・・ミノーです・・・

●鬼怒川ヤマメ(bioroid さま)

1607232鬼怒川のヤマメ

ツーヒット・・ハイ活性ですね!

鬼怒川は今、大物シーズンだと思います。