その他

2024/02/17(土)

こんばんは。
栃木県内の一般釣り場の解禁まであと2週間を切りましたね!
今年の解禁日は平日なので、入りやすいポイントも多いと思います。鬼怒川本流の水温が上がりやすいポイントが良さそうですね。

釣り具の準備
・ロッドとリール: 渓流釣り用の軽量でしやかなロッドと、バランスの良いリールを用意します。
・ライン: ラインはフィールドに適した太さのフロロラインやモノフィラメントラインが一般的です。昨年使用したラインは新品に交換しておきましょう。耐久性のあるPEラインもオススメデス。
・フックとルアー: 新品ルアー以外はフックをチェックしておきましょう。錆びてたり伸びたりしている場合は交換が良いと思います。
釣り場の確認
解禁されるフィールドについて事前に調査しておきます。地形や水流、生息する魚の種類・サイズなどを把握しておきしましょう。
渓流釣りに適したポイントを見つけるために、地図やSNS等の情報源を活用しましょう。
天候と装備の準備
釣行当日の天候予報を確認し、適切な服装や装備を用意します。防水性のウェアや快適なブーツ、帽子などが重要です。
天候が変わりやすい場合は、防水のケースやバッグに貴重品や電子機器を入れて携帯することをお勧めします。
安全対策
釣り場周辺の危険を避けるために、地元のルールや規制を守りましょう。
必要に応じて、応急処置用品や救急キットを携帯し、万が一の事態に備えます。
釣りのエチケット
他の釣り人や自然愛好家との共有スペースを尊重し、マナーやエチケットを守りましょう。
これらの準備をしっかりと行うことで、安全かつ楽しい渓流釣りが楽しめるでしょう。

今年も素晴らしいフィッシングライフが送れるよう、いろいろと注意して楽しみましょうね!

2024/01/07(日)

 2024年、日本の渓流釣りは新たな局面を迎えている感じがします。温暖化の影響により、かつて豊かだった渓流の生態系が変化し、魚の数が減少しています。この状況に対応するため、釣り師たちはさまざまな対策を講じる必要性があります。

 まず、温暖化の影響による魚の減少について考えてみると、水温の上昇は魚にとってのストレスとなり、生存率を下げる要因となります。冷たい水を好む渓流魚にとっては深刻な問題です。また、水温の上昇は酸素溶解度の低下を招き、魚たちの生活環境をさらに厳しくしています。

 このような状況下で、渓流釣り師たちはどのような対策を取るべきでしょうか。一つの方法は、キャッチアンドリリースの実践です。釣り上げた魚を傷つけずに放流することで、魚の個体数を維持しようという考え方です。また、釣り場の選択にも配慮が必要です。温暖化の影響が比較的少ない場所を選び、生態系の保全に努めることが大切です。

 さらに、釣り師たちは環境保全活動にも積極的に参加することが必要です。例えば、河川の清掃活動等、自然の生態系保護を習慣づけること。これらの行動は、釣りの楽しみを持続させるために不可欠だと思います。

 2024年、日本の渓流釣り師たちは、これらの課題にどのように向き合い、釣りを持続可能な趣味として発展させていくか、釣り師たちの努力により、釣りという素晴らしい趣味をこれからも維持継続していくことに繋がると思います。

2023/12/31(日)

こんばんは。
本日は12月31日、いろいろあった今年も終わりますね!
さて、鬼怒川漁協の釣り券を買ってきました。今年は黄緑色です。金額が久しぶりに値上げされました。
シーズン券は組合員が6,600円(昨年買わなかった方は1,000円加算されます。)県外の釣り師7,500円となります。

・表面・・↓

・裏面・・↓

2023/12/23(日)

 クリスマスですね!日光はめっちゃ寒いです。マス釣りもオフシーズンなので、釣りネタかありません!大谷川は今年も、今までで最大規模の河川工事を行なっています。キャッチ&リリース区間はほぼ全滅状態です。解禁までには流れを戻して釣りはできるようになると思いますが、今の状況を見ていると・・・ちょっとやりすぎじゃね〜かって思います。ネイティブトラウトが戻るには相当な時間がかかりそうです。ところで・・・日光の釣りの歴史の中で重要な役割を果たした「東京アングリング・エンド・カンツリークラブ」って、ご存知ですか?

「東京アングリング・エンド・カンツリークラブ」は、1925年に日光市の中禅寺湖畔で設立された社交クラブで、在日外交官や皇族、政財界の代表者などがメンバーとして参加していました。クラブハウスは中禅寺湖畔の絶景を望む一等地に位置しており、会員たちは鱒釣りやゴルフを楽しみ、夜はダンスパーティーに興じていたとされています。このクラブは、ハンス・ハンターによって設立され、以前はトーマス・ブレーク・グラバーの別荘地であった場所に建てられました​​。

中禅寺湖自体は、ルアーやフライフィッシングのメッカとして知られ、その歴史は1890年代初頭にさかのぼります。スコットランドの商人トーマス・グラバーが1889年に初めて湖で釣りをし、1893年には湖畔に家を建てました。彼は中禅寺湖及び湯川にイギリス式フライフィッシングに適した川鱒(ブルックトラウト)をストックすることに尽力しました。その後、フライフィッシングは日本で人気のあるアクティビティとなりました​​。

20世紀初頭には、この地域は外国人や外交官のコミュニティの重要な社交の拠点となり、国際外交にも大きな役割を果たしたと言われています。クラブハウスは1940年に焼失し、現在はレンガ造りの暖炉が残っているのみで、敷地は公園になっています​​。

2023/09/06(水)

 こんにちは。今年は異常に暑い日が続きやっと9月になりましたがまだまだ暑い日が続きそうです!
栃木県内はもうすぐ禁漁を迎えます(9/20〜禁漁)が、渓流釣り師達は苦戦を強いられたと思います。今シーズンも栃木県内はもうすぐ禁漁を迎えますね。
 さて、渓流魚を少しでも増やす活動をしている人達がいます。「FlyFisher ONLINE」(https://flyfisher.tsuribito.co.jp/)で面白い記事を見つけましたので、そのまま貼り付けます!長文ですが、名人釣り師の皆さん・・・是非ご覧になってください!


ここから↓


渓流漁場管理の最新事情
放流から再生産へ
文と写真=浦壮一郎 ツイート

※この記事はFLY FISHER No.308を再編集したものです

 2021年春、水産庁は『放流だけに頼らない! 天然・野生の渓流魚(イワナやヤマメ・アマゴ)を増やす漁場管理』と題するパンフレットを作成。これまで放流事業を推進してきた漁場管理を見直し、自然産卵による再生産を促すものとして注目を集めた。

 そして今年、第2弾として『釣り人、住民、漁協でつくる! いつも魚にあえる川づくり~渓流魚の漁場管理~』と題したパンフレットが発行され、その内容に関心が集まっている。内水面漁協による漁場管理のみならず、山間地域の地域振興も視野に入れた内容としてブラッシュアップされているからだ。

 地域振興のモデルとして取り上げられているのは栃木県日光市に近年設定されたテンカラ釣り専用のC&R区。残念ながらフライフィッシングは貢献できていないが、ただ今後の可能性として見るならば、C&Rが前提である私たちフライフィッシャーにも、地域振興に資する要素は多いはず。その展望はさておき、まずは新パンフレットの内容、意義に注目してみたい。携わった研究者らに発行の意義や現状について話をうかがった。

増殖優先から環境優先へ

flyfisher photo

 2021年に配布されたパンフレット『放流だけに頼らない! 天然・野生の渓流魚(イワナやヤマメ・アマゴ)を増やす漁場管理』は、主に内水面漁協による効率的な漁場管理について考察し、渓流魚を増やすことによる漁協経営の維持・存続を提案するものだった。これまで渓流魚の資源維持のために内水面漁協が行なってきたのは稚魚および成魚の放流が中心であり、それらの放流事業は必ずしも歩留まりが高いとはいえないことから、天然魚や野生魚を漁場管理に活用することを推奨した形である。

 そして第2弾となるパンフレット『釣り人、住民、漁協でつくる! いつも魚にあえる川づくり~渓流魚の漁場管理~』では、第1弾パンフレットの内容に付加する形で山間地域の地域振興も視野に入れているのが特徴だ。

 著者は国立研究開発法人・水産研究・教育機構の宮本幸太さんのほか、山下耕憲さん(群馬県水産試験場)、山本聡さん及び下山諒さん(長野県水産試験場)、岸大弼さん(岐阜県水産研究所)、幡野真隆さん及び菅原和宏さん(滋賀県水産試験場)ほか。制作には各漁協も協力しており、パンフレット内にその取り組みが紹介されている。さらに地域振興の面で『地域おこし協力隊』の重要性にも触れている。

 このたび、パンフレットをまとめた宮本幸太さんの計らいで関係者らにお話を伺うことができた。当日は日光市役所会議室に宮本さんほか、日光市地域振興課の中野祥寛さん、栃木県日光市三依地区の地域おこし協力隊の田邊宣久さん、日光市小来川地区の黒川漁協組合員でもある大出貢さん、そのご子息で『小来川の日光テンカラをつなぐ会』から大出貢平さんが、そしてリモートでは山本聡さん、幡野真隆さん、岸大弼さん、山下耕憲さんが参加してくれた。

 第1弾パンフレット『放流だけに頼らない! 天然・野生の渓流魚(イワナやヤマメ・アマゴ)を増やす漁場管理』は全国の内水面漁協および釣り人のあいだで注目を集めた。それまで各漁協は放流魚を主軸として渓流釣りを維持してきたが、同パンフレットでは野生魚の活用を推奨。関係者にとってショッキングな内容だったからだ。

 もちろん釣り人からの注目度も高かった。ネットによる検索で「魚 ふやす 管理」と打ち込んだ場合、このパンフレットが上位に表示されるという。渓流魚に関するものがほかの魚種を抑えて注目されることは意外でもあるが、それだけ関心が高い証だといえそうである。宮本さんは言う。

 「渓流魚は生産額はとても小さく、水産物として考えるとより重要な魚種はたくさんあるわけですが、一方で(第1弾の)パンフレットが好評だったことからも、渓流魚を増やしたいと思っている人たち、釣り人がいかに多いか、ということだと思います」

 つまり生産額、漁獲高のみで重要性がはかれるわけではなく、渓流魚の存在は金額などの数値のみでその価値を語るべきではない、ということだろう。

flyfisher photo

 水産庁が新たに発行したパンフレット『釣り人、住民、漁協でつくる! いつも魚にあえる川づくり~渓流魚の漁場管理~』。表紙の写真は小来川の日光テンカラをつなぐ会の大出貢平さんが担当。
本パンフレットはhttps://www.jfa.maff.go.jp/j/enoki/attach/pdf/naisuimeninfo-26.pdfにて公開されている

 第1弾パンフレットが発行されて以降、第五種共同漁業権における増殖手法にも変化が見られるようになっている。

 2022年4月、水産庁長官から都道府県知事に対し『海区漁場計画の作成等について』と題する文書が出されているが、そこには新たに以下の内容が加えられたという。

 『増殖に当たっては、漁場の環境収容力や利用状況に応じて、適切な採捕規制や漁場環境の保全・改善を実施し、これにあわせて(中略)積極的人為手段による増殖行為を行うようされたい』

 この文言が意味するところは、必ずしも人為的放流のみが必須条件ではないということである。その意義について宮本さんは次のように話す。

 「今までは基本的に増殖(放流)が優先されていました。それが少しずつ変わってきている。今回の文書を読む限りでは、まず採捕規制や漁場環境の保全・改善を行ない、それにあわせて増殖を考える流れになった。こういった変化は内水面の漁場管理においてとても大きな一歩で、(増殖手法を)変えたいと思っている漁協や担当行政の方々にとってはチャンスなんだと思います」

 パンフレットの発行によってより効率的な漁場管理へと転換されるのであれば、我々釣り人としても歓迎すべき大きな変化だといえる。

しみ出し効果が期待できるC&R区と禁漁区

flyfisher photo

 そしてようやく本題となる。パンフレットの第2弾『釣り人、住民、漁協でつくる! いつも魚にあえる川づくり~渓流魚の漁場管理~』では、持続可能な渓流釣りを目指すうえで重要な内容が記されている。

 新パンフレットではまず、C&R区や禁漁区の設定によりヤマメ、イワナの生息密度を確保し、常に魚が見える川を目指したうえで山間地域の地域振興についても言及していることが特徴だ。少子高齢化によって地域の人口が減少している昨今、人手がなければ漁場管理はもとより内水面漁協そのものを維持していくことすら難しくなるからだ。現実に漁協の存続が危ぶまれている河川は数多くあり、吃緊の課題といえる。

 その第一歩として常に魚が見える川をどのような形で実現するのか、その手法についての考察である。

 現在の渓流釣りは内水面漁協による人為的放流によって維持されている側面があり、特に都市部からアクセスのしやすい地域ではその傾向が強く、関東地方の渓流は典型ともいえる。

 そのため放流なくして渓流釣りの持続が不可能な河川もあれば、支流群が充実している河川では自然産卵による野生魚を活用することが可能な場合もある。それら地域の河川がどのような環境にあるのかを見極めながらどの放流方法を選択するのか、あるいは放流しない選択が可能なのかを判断するなど、それぞれの河川に合致した手法で生息密度を維持してゆく必要があるわけだ。

 そのうち、ひとつの手法としてパンフレットが推奨しているのは禁漁区とC&R区の活用である。最大のメリットは禁漁区もしくはC&R区が上流にあることで、下流へのしみ出し効果が期待できることにある。宮本さんは次のように話す。

 「今までの漁場管理は放流することを考える一方、魚を守ることを考えてきませんでした。なぜかと言えば、魚が移動すること、上流(支流)から供給されることが未解明だったことも原因だと思います。たとえば支流を禁漁区として保全しても、それで本当に魚が増えるのか分からなければ漁協さんも懐疑的にならざるを得ない。ところが現在は(しみ出し効果など)研究が進み、さまざまな成果が得られてきました。つまり守るべき場所がはっきりしてきたと言えます」

 支流から本流、上流から下流におけるしみ出し効果については、姉妹誌『月刊つり人』2022年12月号でも長野県雑魚川の事例を紹介している。解説してくれた長野県水産試験場の山本聡さんは今回もリモートで参加。次のように説明する。

 「雑魚川の支流(禁漁区・5河川)では、サイズに関係なく下流へとイワナが移動している(しみ出している)ことが分かりました。なおかつそれは増水時にたくさん下るのではなく、いつ下るのか、どんなサイズが下るのかは川によって異なります。いずれにしても、支流からのしみ出しは一般的に起こっている現象であるといえます」

 滋賀県でもしみ出し効果は確認されている。滋賀県では特殊な模様を持つナガレモンイワナが生息している河川において、支流から本流ではなく、上流から下流への移動を調査している。滋賀県水産試験場の幡野真隆さんは言う。

 「ひとつの河川では2021年には13%、2022年には30%が上から降りてきたもので構成されていました。もうひとつの調査河川では約50%が上流から降りてきている個体でした。川によって違いはあるものの、下流の資源は上流から降りてくる資源で構成されていること、イワナ資源を保全する上で上流域を守ることが重要であることが分かりました」

 さらに岐阜県でも同様の結果が出ている。調査は蒲田川と一ツ梨谷で行なわれた。岐阜県水産研究所の岸大弼さんは次のように解説する。

 「岐阜県では川幅が8~15mの比較的大きめな川で調査を行なっています。この調査ではまず支流で0歳の稚魚に標識をして、次の年に本流で標識個体を探すということを行ないました。しみ出し率を調べてみたところ、支流で産まれた稚魚のうち少なくとも12%が本流へ移動していることが実証されました。またそれらの体長を計測したところ、蒲田川では約18cm、一ツ梨谷では約17cmと、本流にしみ出した個体のほうが大きく成長していました」

 調査が実施された2つの河川のうち、特に蒲田川はフライフィッシャーにも馴染みの深い渓流。しみ出し効果を調査している河川としては他県より川幅が広いといえるが、こうした河川では下流(本流)で標識魚を捕獲するのが難しい。電気ショッカーの効果が限定的だからだ。本流に移動している個体は約12%という結果ながら、取りこぼしが多いとなれば、それ以上の個体が移動している可能性もある。

 各県の調査結果が示すように、上流あるいは支流から下流域にイワナ、ヤマメが移動していること、供給されていることが明らかとなった。つまり上流および支流を保全することが重要だということになる。

増殖効果をもたらすC&R区設定

 いずれの調査河川も比較的入渓しやすい河川を対象としている。たとえば東北地方の有名源流のように丸一日歩いてようやく辿り着けるフィールドとは異なり、車止めから少し歩くだけで入渓できる渓が対象となっている。ゆえに持ち帰りも容易にできてしまう河川だといえる。

 そうした区間においてしみ出し効果を期待しようと考えるなら、やはり上流と支流では個体数を減らさない保全対策が求められる。つまり禁漁区あるいはC&R区の設定が必須だというわけだ。

 では禁漁区やC&R区に設定すると、どのくらい生息密度は増えるのだろうか。パンフレットでは群馬県内の事例をもとに紹介されている。実際に調査結果をまとめた群馬県水産試験場の山下耕憲さんは言う。

 「群馬県のC&R区では、同じ河川内の一般漁場(入漁区・持ち帰りが可能な釣り場)と比較して約1.5倍の生息密度となりました。実際には約2倍の差がありましたが、川の環境が異なるため数学的に同条件になるよう変換しています。その結果が約1.5倍ということです」

 同じく禁漁区においても同様の結果が得られている。岐阜県水産試験場の岸大弼さんは言う。

 「釣りができる入漁区と禁漁区における魚の生息密度を調べました。調査は岐阜県内の5つの水系のうち226箇所の川でデータを取っています。禁漁区は看板がない所とある所の両方があったため、それぞれ分けて解析を行ないました。結果、入漁区の生息密度を1とした場合、禁漁区の密度は看板無しが1.45、看板有りが2.06となりました。当然、禁漁区のほうが生息密度は高いわけですが、特に注目していただきたいのは看板なしとありとの間で1.4倍の差があることです。看板がないと知らずに釣っていく人がいるらしく、看板の重要性が裏付けられた形といえます」

 持ち帰りが可能な入漁区に対し禁漁区の生息密度が高いことは予想どおりだが、同じ禁漁区でも看板の有無で1.4倍の差があることにも注目したいところ。パンフレットでも看板設置の重要性に触れており、その効果は絶大だということだろう。

flyfisher photo

 入漁区の生息密度を1とした場合、禁漁区の密度は看板なしが1.45、看板ありが2.06になったという。注目は看板の有無で1. 4倍の差があること。看板の重要性が裏付けられた形といえる

 ただ、仮に看板がなかったとしても釣り人はあらかじめ確認したうえで入渓するのが鉄則。「看板がないから分からなかった」ではすまされないことを肝に銘じておくべきである。

 このほか、栃木県の男鹿川支流に設定されたC&R区では、秋の産卵数が入漁区(持ち帰りが可能な釣り場)の10倍以上と推定された。であるならC&R区の設置は野生魚を増やすうえで想像以上の効果が期待できることになる。それが下流にしみ出すとなれば、一般の入漁区においても恩恵は大きいはずである。

flyfisher photo
flyfisher photo
flyfisher photo

釣獲日誌の記録、その積み重ねが大切

flyfisher photo

 パンフレットのタイトルにある『いつも魚にあえる川づくり』を実現するには、むろん禁漁区やC&R区の設定だけでは不可能な場合もある。過疎化・高齢化した地域では漁協としても監視員を確保することすら難しく、せっかく設置した禁漁区、C&R区を維持してゆくことが困難だからだ。

 そこで推奨するのが釣り人や地域住民との関係性である。つまり釣り人にもできることがある、ということ。そのひとつが釣獲日誌だと前出・山本聡さんは強調する。

 「常々釣り人に伝えていることは『釣り日誌を付けましょう』ということです。釣り人一人ひとりの情報が漁場管理に役立つことになるからです。また、その川に稚魚はいるのか、自然産卵しているのか、それを確認することも大切です。釣り人にはさまざまな人がいて、放流しないと川にヤマメ、イワナはいないと真剣に思っている人たちがいます。人は守るべきものがなければ守らないわけですが、そういう人たちに対し、そんなことはないんだよ、守るべきものがあるんだよ、と伝えたいですね」

 テンカラ釣り専用C&R区が設定された栃木県の小来川(黒川)では、黒川漁協小来川支部と地元釣り団体が協力。標識魚(ヒレの一部を切除した魚)をC&R区に放流するとともに、釣った魚の標識を確認して釣獲日誌を記録している。結果、C&R区下流の一般漁場で釣れた魚の約3割が標識魚であることが分かり、C&R区から一般漁場へ魚が供給されていることが明らかとなった。

 さらにC&R区では約4割が野生魚であるという結果も出ており、野生魚を活かした漁場管理、その可能性も見えてくるといえよう。

 「釣獲日誌による情報は、一般漁場でそれをやると(単なる釣果情報として)みんなが集まって持ち帰るだけになる恐れがあります。よって、そうした情報を提供したくないという釣り人もいるはずです。でもC&R区ならそれができる。資源が枯渇することもないですし、釣り人も快く協力してくれるわけです」(宮本幸太さん)

 これまで述べてきたように、上流域(あるいは支流)に禁漁区またはC&R区を設定することで下流部への資源供給が可能になることが分かった。また禁漁区とC&R区に同様の増殖効果が期待できるのなら、漁協にとってC&R区のほうがメリットは大きいといえる(遊漁券収入が期待できるため)。上流のC&R区だけでなく下流にも魚が供給されるとなれば、持ち帰りの釣り人にも理解は得られやすくなるはずだ。

山間地域の振興策としての渓流釣り

 高い増殖効果が期待できるC&R区だが、その導入を前向きに検討する漁協はいまだ少数である。原因は山間地域の過疎化、少子高齢化によって漁協そのものが活力を失っているからだと考えられる。宮本さんは現状について次のように分析する。

 「現在の漁協が抱える問題というのは地域の過疎化と少子高齢化によるものです。地域に人がいなくなっているのに漁協だけ人が増えるなんてことはあり得ないわけで、組合員の減少により釣り場の管理が手薄になり、工事の際の交渉もできず魚の減少を引き起こしている。結果、釣り人が減って釣り券の売り上げも減少し、組合員のモチベーションも低下してしまう。いわば負のスパイラルに陥っているわけです」

 近年、成魚放流主体の河川では放流後数日で魚影が激減する(釣り切られてしまう)などの問題を抱えている。年に何度も放流せざるを得ない状況は漁協にとって頭の痛い問題である。

 また支流源流部で川沿いに車道が走る山岳渓流などでは、ひと目につきにくいことをいいことに遊漁券を購入しない心ない釣り人も少なくない。宮本さんが言うように人手不足によって監視できない河川では当然、売り上げの減少によって漁協は存続が危ぶまれることになるわけだ。

 テンカラ専用区としてのC&R区を設定した栃木県日光市の三依地区、そして小来川地区も、ご多分に漏れず過疎化は深刻である。そればかりか日光市の山間部は大半が過疎地域に位置づけられているという。日光市地域振興課の中野祥寛さんは説明する。

 「日光市は旧五市町村が合併して現在の形になりました。先ほどからお話にある三依地区は旧藤原町のひとつのエリアに相当します。平成22年当時のデータでは(三依地区を含む)藤原エリアは過疎地域に入っていませんでした。ところが現在は足尾エリア、栗山エリアに加えて日光エリア、藤原エリアも過疎地域に位置づけられています。本庁がある今市エリア以外は法律的には過疎地域になる。それくらい少子高齢化、人口減少が深刻な状況となっています」

 そんな過疎地域のひとつである三依地区に、地域おこし協力隊として3年前に赴任したのが埼玉県出身の田邊宣久さんだ。テンカラ釣り愛好者でもあることから、地元のおじか・きぬ漁協の組合員になるかたわらC&R区の設定を提案、実現させている。加えて監視活動や看板の設置、釣獲日誌の記録と発信、テンカラ釣り講習会や釣り人との交流会を開催するなど、田邊さんの活動によって同漁協も活性化しつつある。もうひとつのテンカラ専用区である小来川地区にもおじか・きぬ漁協・三依支部のメンバーらと足を運び、標識魚の放流などを手伝っているという。

 「私の場合はあちこちの漁協さんの川へ行って釣りをしていますが、地元の漁協の人っていうのは、よほど釣りが好きでない限りは地元の川で釣りがしたいんですよ(ほかの河川に出掛けることが少ない)。でもほかの川へ行くと、ここはうちがいいよね、とか、ここはダメだねというのが分かってくる。特に小来川での作業(標識魚を捕獲&放流)を手伝ったことで、うちの漁協でも今後イベントですとか、いろいろやっていこうという雰囲気になっているんです」(田邊宣久さん)

 全国の漁協が遊漁券売上を減収するなか、こうした活動の甲斐あって同漁協ではC&R区設定後も前年度の売上を維持。周辺では民宿や飲食店の売上が増加したという。

渓流釣りで活気を取り戻す山間地域

 同じく栃木県の黒川・小来川地区もテンカラ釣り専用のC&R区を設定したことで知られるが、C&R区設定以前、山間地域であることから地区の組合員は高齢化の一途をたどり、遊漁券の売上も減少傾向にあった。

 ところがC&R区設定以降、遊漁券売上は約2倍、飲食店の売上も同じく約2倍程度に増加したという。時期によってはなかなか魚影を確認できない状況だったものの、現在のC&R区は常にヤマメが泳ぐ姿を見ることができる。そうした変化がリピーターを呼び込んだといえるだろう。

 そうはいっても監視員の確保など人手が足りないことに変わりはない。が、小来川地区ではC&R区の設定に伴い賛同した釣り人と小来川支部の組合員らが『小来川の日光テンカラをつなぐ会』を結成。標識放流や監視活動、看板設置などを手伝っている。漁協組合員として監視活動を行なう大出貢さんもC&R区設定以降、地域の雰囲気が変わったと話す。

 「小来川地区の人口は現在600人くらい。多い時で1000人を超えていたと思いますから、かなり減ってしまいました。でも、C&R区を設定してからはリピーターになってくれる釣り人も増えて、釣りとは縁のない人たちも川に関心を持ってくれるようになりました。たとえば近所で散歩している人たちが『最近は魚が殖えましたね』と声をかけてくれたり、スクールバスの運転手がC&R区で釣りしている人を見つけて教えてくれたり。今までは静かすぎました。人が集まることに対しては大歓迎ですよ」

 栃木県日光市の三依地区、小来川地区は渓流釣りによって活気を取り戻しつつあるわけだが、岐阜県にも同様の事例がある。本誌読者なら一度はその名を聞いたことがあるはずの石徹白川だ。

 「地区住民はおよそ270人で、そのうち一部の人が石徹白漁協に入っています。増殖事業をやるにもイベントをやるにも人手が足りない。地域の人も自力ではどうにもならないと自覚されていて、釣り人と連携してさまざまイベント行なったりしている。たとえば人工産卵河川の整備もそのひとつで、またC&R区も外部から来た釣り人が提案して実現させました。外部の人を歓迎する風土が成功につながったといえます」(前出・岸大弼さん)

 過疎化が深刻となっている山間地域ではすでに、組合員の減少によって漁協が解散する事例が報告されており、そうした河川では都道府県が河川を管理することになる。しかし現実的に都道府県職員が山間地域にまで足を運び管理することなど不可能。となれば違法漁業などの問題が生じることから、その対策として禁漁措置を行なう事例が出てきている。つまり漁協の消失は釣りができなくなることを意味しており、釣り人にとっても深刻な問題だということになる。

 一方でここで述べたように外部から訪れる釣り人と協力しながら漁場管理を行なう河川もあり、そうした事例を水産庁が発行するパンフレットで紹介されていることは大きな意味がある。

 「地域振興的には関係人口といいますが、山間地域の人たちが関係人口と呼ばれる人たちをどれだけ取り込んで一緒になって盛り上げていけるか、今後はその視点が重要になるのかもしれません」(前出・中野祥寛さん)

 どこか特定のお気に入りの河川がある釣り人はぜひ、その地域、漁協と係わってみてほしい。関係住民ならば組合員になるのもよし、遠方だとしても放流事業や看板設置など協力できることは多岐にわたる。我々一般の釣り人が山間地域に活力を与えることができるとしたら、それは実に素晴らしいことである。

flyfisher photo

 黒川漁協小来川支部では、小来川の日光テンカラをつなぐ会と協同で漁場管理を行なっている。4月にも標識魚の放流が実施され、その標識魚がどの程度移動するのか追加調査が行なわれた

flyfisher photo
flyfisher photo

 標識魚は1尾ずつアブラビレをカットしてから放流する。暴れないよう麻酔薬を薄めた水に入れたのちヒレをカットし、回復してから複数箇所に放流。急斜面の場所もあるだけに組合員だけでは不可能な場合もある

flyfisher photo

 取材時にお集まりいただいた関係者の面々。写真右から日光市地域振興課の中野祥寛さん、水産研究・教育機構の宮本幸太さん、日光市小来川地区の黒川漁協組合員でもある大出貢さん、小来川の日光テンカラをつなぐ会から大出貢平さん、そして写真後中央に栃木県日光市三依地区の地域おこし協力隊の田邊宣久さん

flyfisher photo

リモートではパンフレット著者のうち長野県水産試験場の山本聡さん、滋賀県水産試験場の幡野真隆さん、岐阜県水産研究所の岸大弼さん、群馬県水産試験場の山下耕憲さんが参加してくれた


↑ここまでです。すごく内容の濃い長文でしたが、読んでいただいた釣り師の方々・・・ごくろうさまでした。釣りの未来が明るくなるようお祈りいたします!

2023/07/27(木)

 今年は暑いですね!朝晩しか魚の活性が上がらず短時間釣行になっております。

 さて先日、外人さんにテンカラ釣りに付いて聞かれました。その外人さんは日本のテンカラ釣りにものすごく興味があるようで、私が使っているテンカラ竿をみて、片言の日本語で「美しい」と言うのです。なので、テンカラ竿を仕掛けごとプレゼントしてあげました。

・・で、テンカラ釣りのお話を少ししてみます・・!


 テンカラ釣りは日本の伝統的な毛鉤を使用する釣方で、主に山岳地域の渓流や沢で釣りをするために使用されます。この釣法の歴史は古く、400年以上前に遡るとされています。

 テンカラ釣りは本来、日光のような山岳地域に生活する人達が、生活の一部として発展した釣法です。山菜採りや狩猟と並んで、川で魚を釣ることで食物を確保していました。そのため、テンカラ釣りの方法は、その地域の自然環境と深く結びついています。

 テンカラ釣りの道具はシンプルで、竿、ライン(以前は馬の毛を使っていました)と毛鉤のみで構成されています。リールは使用せず、フライフィッシングよりも超シンプルなスタイルをとっています。これは、山岳地域の厳しい環境で生活するためには、道具はシンプルで維持が容易でなければならなかったという歴史的背景が反映されていると思われます。

 そして現在、テンカラ釣りは趣味としての釣りの一つとして広く知られるようになりました。そして、海外でもそのテンカラ釣法が紹介され、注目を集めています。特にアメリカでは、そのシンプルさと自然と一体になる感覚が評価され、多くの釣り人から愛されているようです。

 テンカラ釣りの歴史や伝統を守ることは、その独特なスタイルや技術を維持するために重要です。今後もその伝統を引き継ぎながら、さらに新しい形に発展させていくことが期待されます。

2023/06/08(木)

先日(5月29日〜6月2日)、日光東照宮国際イワナ学会にて"水産庁推薦作品"映画「ミルクの中のイワナ」研究者向け先行上映会が行われました。勿論関係者のみで、一般公開はしてません。このドキュメンタリー映画全世界の各映画祭で受賞した素晴らしい作品のようです。一般公開はまだ先のようですが、私も是非見たいと思います。東照宮パンフレットを持って来てくれましたので紹介します。尚、予告編がYouTubeにて公開されてましたので、下に紹介しておきます!


「種を守るとはどういうことか」
深山幽谷に息づく魚「イワナ」その生態は、いまだに謎が多く神秘の魚としてこれまで多くの人々を魅了してきた。そんなイワナを取り巻く生態系が、いま危機に直面している。養殖や放流、人工ダムや堰堤といった人間の行ってきた活動と自然をめぐる様々なジレンマと苦難。SDGsが声高に叫ばれる昨今、テクノロジーと自然環境保全、科学と文化、地域と共に「自然のコモンズ」とは何かを探るサイエンスドキュメンタリー。

◾️キャスト (出演順)
中村智幸 (国立研究開発法人水産技術研究所 副部長)
森田健太郎 (東京大学大気海洋研究所 教授)
芳山 拓 (神奈川県水産技術センター 技師)
佐藤 拓哉 (京都大学生態研究センター 准教授)
徳田 幸憲 (高原川漁業協同組合 参事)
菊地 勇 (役内・雄物川漁業協同組合 代表理事組合長)
西村 成弘 (株式会社フィッシュパス 代表取締役)
戸門 秀雄 (郷土料理ともん)
戸門 剛 (郷土料理ともん)
山中 裕樹 (龍谷大学先端理工学部 准教授)
佐藤 成史 (ライター、フォトグラファー)
宮沢 和史 (音楽家)

◾️スタッフ
監督:坂本 麻人
プロデューサー:坂本麻人 , 武田 俊
撮影:田中 和也 , 山口 雄太郎 , 藤川 歩来
音楽:DAISUKE TANABE & YOSI HORIKAWA
脚本・編集:坂本 麻人
企画:一般社団法人 Whole Universe
制作:THE LIGHT SOURCE
協力:株式会社FISHPASS , 週刊つりニュース , 矢口プロダクション

水産庁推薦作品

ハンガリー・ブタペスト ブラックハット映画祭 ベストドキュメンタリー受賞
アメリカ・ニューヨーク ワイルドライフ コンサベーション 映画祭 入選

ギリシャ・アテネ 国際マンスリーアート映画祭 ベストドキュメンタリー 受賞

カナダ・トロント インディペンデント映画祭 ベストドキュメンタリー 受賞

2022年 / 日本 / 66分 / ドキュメンタリー / 日英字幕
英題:A TROUT IN THE MILK

公式ホームページ http://trout-inthemilk.com
Instagram https://www.instagram.com/a_trout_in_…

2023/05/04(木)

 日光市のスーパーマーケットで珍しい魚、「岩魚」が売られてました。岩魚は渓流釣りでしか手に入らないと思ってましたが、これからの時代はスーパーマーケットで買える時代なのか?

ChatGPTに聞いて見ました。

 岩魚は渓流釣りの際に手に入ることが一般的ですが、最近では養殖業者によって養殖された岩魚も増えています。そのため、スーパーマーケットで岩魚を見かけることがあるかもしれません。

 一般的に、珍しい魚や希少な魚種がスーパーマーケットで販売されることは少ないですが、近年、消費者の嗜好が多様化し、多くのスーパーマーケットが新しい商品や需要の高い商品を取り扱うようになっています。また、地域の特産品や観光資源としての価値がある魚種が、地元スーパーマーケットで販売されることもあります。

 しかし、一方で、野生の岩魚を含む多くの魚種は生息環境が失われたり、乱獲や密漁などによって減少している現状があります。そのため、釣りや漁業における適切な管理や保護が必要であり、消費者も魚種の選択や購入にあたって、地産地消や持続可能性に配慮することが求められます。

2023/04/20(木)

こんにちは。
 本日は日光も初夏のような陽気です。超快適ですね・・こんな日は釣りに行きたいですが、仕事が忙しすぎてサボれません!
 さて、先日はAIに「日光大谷川で初めてイワナ釣りをする人に対するアドバイス」を尋ねたら、見事に回答してくれました!→「こちら」、で・・今回はAIに美しい魚のイラストを描いてもらうようリクエストしてみました!

「鱒のイラストを描いて」とリクエストすると以下のようなイラストを描いてくれました。凄いですね!魚種はイワナ系に見えますが、間違いなく鱒です・・しかもハイレベル・・

「中禅寺湖のレイクトラウトのイラストを描いて」とリクエストすると以下のようなイラストを描いてくれました。見事ですね・・レイクです。

「鱒釣り師のイラストを描いて」とリクエストすると以下のようなイラストを描いてくれました。逆光のルアーマンがシルエットでかっこいいです。

「フライフィッシングのイラストを描いて」とリクエストすると以下のようなイラストを描いてくれました。これは陽炎系のフライに鱒がライズしているイラストですね!

AIはこれからの社会を大きく変えると言われていますが、釣りにも何らかの影響があるかもしれませんね。色々とこれからが楽しみであります。

2件のコメント

2023/04/11(火)

これから将来の渓流魚釣りはどうなるか・・鱒研的に考えてみました。
 まず、渓流魚釣りの将来については、いくつかの要因によって影響を受ける可能性があると思います。
 気候変動が渓流の水位や温度に影響を与えることが考えられます。これは、釣りのフィールドによって異なりますが、渓流魚の種類(イワナ等の冷水族)によっては生存が困難になることがあるかもしれません。さらに、釣り人が魚の種類や個体数に関する情報を把握し、C&Rを含め適切な釣り方をすることが重要です。有望な支流等は本流への有望な天然魚の供給源であり禁漁区かC&Rにして保護する必要があると考えます。
 そして、釣り人の数や釣りの適切な尾数制限も渓流魚に影響を与えると思い個体数を減らすことがあると思います。一方で、規則正しい計画的な釣り方をすることで、渓流魚の個体数を維持することができるかもしれません。


 最後に、釣りの楽しみや文化としての渓流魚釣り(テンカラとか)が受け継がれることも、将来的な渓流魚釣りの発展に重要な役割を果たすと思います。
 渓流魚釣りは気候変動や釣りの方法などの要因によって影響を受ける可能性がありますが、持続可能な釣り方をすることや渓流魚の保護に努めることで、今後も継続的に楽しめるレジャーの一つとして発展していくと思われます。

以上です。