その他

2019/11/22(金)

こんにちは。昨日の日光連山は雪で白くなり冬へまっしぐらですね。夏は暑くて冬は寒い・・日本の四季はハッキリしていて素晴らしいですね。

さて、知り合いから素晴らしい大谷川岩魚の映像をいただきました。現在は禁漁期間に入ってますので、岩魚達も釣り人からのストレスなく優雅に泳いでます。岩魚類はヒレのフチが白くて魅力的です。

そう言えば私がガキの頃、大谷川支流の鳴沢に大きなプール状の淵があったんですね。川幅が15m位で長さは100m位はあったかな・・水深も3-4m位あったと思います。初めてそこに行った時は衝撃的でした。40cmくらいの岩魚達がたくさん泳いでいました。何度もそこへ行ってドキドキしながら眺めていたのを思い出します。

・・で、1-2年後かな・・いつのまにかそこが釣り堀になっていたのを思い出します。ちょっとした小屋があって若いにいちゃんが1人で釣り券売りをしていました・・! そんで近所のおじさんとそこへ行きリール竿でウキにイクラのエサで投げ釣りで釣ってました。なんか、岩魚の白ヒレを見て急に思い出しました。

当時は大谷川の定期放流量も400kgとか500kgとか、スゴイ量でした。だいたいの釣り師は100-200匹位の釣果で網ビクから溢れそうなくらい虹鱒を入れて持って歩いてました。当時はアルビノも放流してましたので少し混じってたのを覚えています。・・まあ、昔の話をしているときりがないのでこの辺にしておきます・・!

2019/11/20(水)

こんばんは。大谷川はオフシーズンになりましたが日光地区の街中ポイント付近、またまた河川工事が始まりました。霧降大橋の上流側で、けっこう大規模な感じです。大型の重機も川を渡ったりしています。一応こんな感じの工事をする時には、そこにいる魚を別の場所へ移すことが行われますが、今回も近々移すようです。

何の工事をやってるんでしょうかね?こんな看板がありました。「魚がのぼれる施設をなおしています」・・魚道でしょうか、、。

このな感じの河川工事があると、工事後の川の様子が心配です。昔からある自然環境からドンドン離れて行きますが、、、。ただ、川で遊んでいるのは釣り人だけではないので、我慢します。川でのアクティビティーも色々増えてきてますからね。鱒研blogを見ている釣り師の方々、来シーズンの大谷川日光の街中ポイント付近は綺麗になりますょ・・!

2019/10/11(金)

こんばんは。また台風が関東地方に近づいているようですね。週末になると台風が来るので日光市では色々な秋の行事が中止になっております。特に今回は「日光けっこうフェスティバル」が中止なにってます。その中の行事の1つであります「秋の花火大会」の中止は残念ですね。

さて、鱒研オリジナルグッズの応募期間が終了しました。毎回応募者の数か増えていますが、今回もさらに今迄で一番応募数が多かったです。なんと前回の約二倍です・・ありがとうございました。

そこで急遽ダークブラウンの男性Lサイズを2枚追加しました。こちらは今回応募いただいた中より追加抽選させていただきます。

そう言えば前回の応募写真にはありませんでしたが、mkフックのニュー鱒研マークのワンポイントが首の後ろにバックブリントしてあります。

鱒研オリジナルグッズ
バップリントは鱒研マークのワンポイント

今週末は忙しいので、来週始めに今回の鱒研オリジナルグッズを発送致します。もうしばらくお待ち下さい。

2019/09/20(金)

こんにちは。県内は禁漁になりましたが、中禅寺湖ではワカサギ釣りが解禁です。今年の中禅寺湖はレイクトラウトが釣れすぎる感じでした。逆にヒメトロ(ヒメマス釣り)が全くダメなシーズンでした。ヒメマスにはサイクルがあるような事も漁師の方に聞いた事がありますが、真実はどうなんでしょうか?

さて早速、知り合いから中禅寺湖のワカサギ釣りの情報をいただきました。

中禅寺湖ワカサギ

いいサイズのワカサギが爆釣のようです。ワカサギのタナまでサビキを沈める前に、外道(アイソ等)がきてしまう事もあるようです。外道が来るとサビキがグチャグチャになってしまうので、よく湖底を確認しながら仕掛けを落すようです。

釣れたワカサギはジップロックに入れて保存します。サイズににもよりますがだいたい150匹くらい入るようです・・それが4袋・・っつうことは約600匹・・スゲー釣れてる! ワカサギはフライにすると絶品ですね。冷凍しておけばいつでも食べられます。

中禅寺湖のワカサギ

今年の日釣り券は¥1,080で釣り時間は午前8時〜午後4時まで・・なんか少し短くなってないですかね?詳しくは「ワカサギ釣りご案内」をご覧下さい。

2019/09/09(月)

こんばんは。本日は台風一過となり厚い日でした。川の様子は台風が通過したわりには大増水とはならず・・でもかなり増水してますが・・! 毎年のパターン(台風が通過し危険な程の大増水でシーズン終了)のような感じにはならずにすみました。

本日の大谷川V字堰堤

岩魚は自然変動に非常に敏感で、気圧の変化等で大雨や台風を予知します。今回の台風も予知してたはづです。砂利を胃袋いっぱいに詰め込んで大水で流されないように準備し安全な場所でやり過ごします。台風前にお腹いっぱいに砂利を詰め込んだ岩魚が釣れるのはそのためではないかと思います。

馬返し付近は魚道にも水が溢れており少し危険です。

増水後はハイ活性になるので入れ食いになる事もよくあります。水も少しササ濁りなので岩魚も安心して足元までミノーを追ってきてアタックします。こんな時は足元で8の字を書くとヒットします。

さて、川沿いを歩きながら私の大好きな雑木林を観察してみると樹液の出ているコナラの木に先月まではクワガタがいましたが本日はアマガエルがいました。中々可愛いですね!樹液に集まるごちそう(蛾やハエ等)を待っているんですね。

樹液の木にアマガエル

さて、いいサイズのサクラマスと岩魚の情報を少し・・・今回はフィールドやポイント、釣り方等は秘密にしておきます。まずサクラマス・・・50cm位あります。いいサイズですね・・

グッドサイズのサクラマス

で・・こちらもグッドサイズの岩魚です。コイツも50cmオーバーです・・・。こちらもシークレットにしたいので背景の雰囲気が分からないようにボカシを入れておきます。

大岩魚

少し斑点が大きく感じますが、大型化したニッコウイワナですね。岩魚の放流等はないフィールドです。まだまだ釣り師が少ない地区ですので魚影も濃いです。

2019/08/29(木)

こんにちは。今回は以前に中禅寺湖畔にあった通称「サンショウウオの水族館」がリニュユーアルオープンしたらしいのでお知らせします。

昨年頃から中禅寺湖方面へ行くと、閉鎖中のサンショウウオの水族館が改装中なので気になっていましたが、ついにオープンしたようです。・・私はまだ行ってません!・・知り合いにパンフレットを頂きましたので紹介します。

日本両棲類研究所のパンフレット表面
パンフ:表面
日本両棲類研究所のパンフレット裏面
パンフ:裏面

以前の印象は、やはりオオサンショウウオの印象が強烈に残っています。大きいし・・近いうちに拝観してきます。

2019/08/28(水)

こんばんは。栃木県内の渓流釣りの解禁期間、残り少なくなってまいりましたね。大谷川は"少し危険な位"増水してます。魚は釣れますが釣り師が危険ですので、注意してください。

大谷川日光の馬返し付近・普段の倍程度の増水です。

・・あっ・・それと、大谷川日光地区の馬返し駐車場にあるおしゃれな公衆トイレにススメバチの巣があります。けっこうデカイのがトイレの後ろ側にできてます・・スズメバチは活発に巣を出入りしてましたので、巣から10m位離れて通過したほうがよいと思います。

2019/大谷川馬返し/公衆トイレ/ススメバチの巣
馬返し公衆トイレ・ススメバチの巣

2019/07/24(水)

こんにちは。夏休みに入りましたが・・まだ梅雨明けしてません。関西方面は本日梅雨明けしたようですね! 大谷川ではマスのつかみ取り等、夏のイベントがあり、霧降大橋周辺では釣り師が多くなっております。

さて、粕尾川上流部のニッコウイワナ情報です。鱒研bbs


粕尾川上流部で初ニッコウイワナ


ご無沙汰しております。
先週の土曜日の昼過ぎに悲願であったニッコウイワナを漸く釣り上げる事が出来ました。
推定18cmでヒットルアーはラパラCD-5(ヤマメカラー)
あまりに美しい紋様に見惚れ、写真を撮れてもメジャーを出すのを忘れた程喜びに打ち震えてました。

以後は鹿沼方面(大芦川と粕尾川)と渡良瀬水系(秋山川と桐生川)で馬返しにリベンジすべくミノーイングの腕を磨いてきます。
釣果と良い写真を楽しみにお待ちください。

粕尾川上流部のニッコウイワナ:逆毛 さま

もうすぐ梅雨明けすると思います。本日もちょっと歩くだけで汗だくですね・・

2019/07/17(水)

こんばんは。本日は久しぶりに夏っぽい感じの暑さでした。大谷川は増水ぎみで釣りやすくていい感じです。さて、知り合い釣り師からシーバスの情報をいただきました。


涸沼川シーバス・・投稿者:N.meijin


なかなか日光に釣りに行けないので、、
先週涸沼川に行ってきました。
小潮であまりメリハリのない潮の流れでしたが、なぜか入れあたり。
ただ食いが浅く、バラシも連発。

11回ヒット。5キャッチ6バラシでした。

涸沼川シーバス
旨そうなサイズ・・
涸沼川シーバス
5本並んでます・・釣れてますねぇ〜

シーバス釣りにはしばらく行ってませんが、釣っても楽しいし食べても美味しいのでハマった事があります。写真を見せられるとまた行きたくなりますねぇ〜日光から3時間半位・・涸沼川って潮の満ち引きの影響を受けやすく、潮が引いてる時は普通に海の方向に流れていますが、満潮時は上流側に真逆に流れます。はじめて行った時はビックリしました。たしか鹿島港の潮見表から数時間遅れていたと思います。

こんにちは。大谷川日光地区、馬返し付近はハイ活性がつづいてます。しかし別な問題もあるようです・・以下、メール投稿です。投稿者:Charr さま


Charr さま↓

大谷川上流域にてテンカラで尺越えブラウンを釣りました!
川は渇水気味だったので、まさかこんなところで!?という場所でヒットしてくれました。

鱒研↓

色の濃いブラウンです・・いかにも上流部の岩陰にいる大岩魚のような雰囲気です。そんな大岩魚と同じような環境にいればやはり雰囲気も似てくるんですかネ!

大谷川の尺ブラウン

鱒研↓

さて、こんな美しいトラウト達が生息する大谷川ですが、別な角度から見ると非常に残念な事もあります。大谷川に限った事ではありませんが・・・

Charr さま↓

大型のイワナも釣れる良い川なのですが、相変わらず工事のゴミが目立ちます。
他県からも沢山の釣り人が訪れる川なので、気持ちのいい釣り場になってくれることを願います。

ゴミをフィールドへ置いてくる釣り師はいないと思いますが、この写真を見るとゴミのレベルが違います。河川工事や道路工事等の業者が片付け忘れた物のように見えますね。ゴミのサイズが大きいので関係事業者等、責任を持って片付けて頂きたいものです。