ヤマメ

こんばんは。

急に涼しくなって・・って言うか寒くなってきました。大雨も降ってないにの増水ぎみ大谷川ですが中禅寺湖の水でも抜いてるんでしょうか?残りシーズンはあと4日間となっております。釣果情報ですが、日光地区はまあまあ普通に釣れてます。今市地区は今一つな感じで、ヘタするとポーズとなります。

さて、福島県西会津方面の釣行記です。栃木県が禁漁になる9/20前なのでまだ釣り師はほとんど見ません・・今回はヒメマスの沼沢湖の先、阿賀野川水系の支流だと思います。前回までは渇水してた川が今度は増水してます。標高が低いのでヤマメのフィールド、ルアーを一度も見たことのないような全くスレてないヤマメしかいない感じです。

●西会津方面のヤマメ

なんでこの辺のヤマメは平均サイズがデカイのかは不明ですが、ちっこいヤマメが釣れません! まぁ、釣り方がルアーですので大きいサイズがヒットしやすいのかもしれません。ドライフライをやると10cm位のもヒットしますので釣り方の違いでしょうか? 来シーズンはフライかテンカラをやってみようかな・・。

林道沿いにいい感じのフィールドが沢山あるのですが、毎回どこに入るか迷ってしまいます。結局入りやすいフィールドに入ってしまい、同じようなパターンで釣りをして時間が無くなってしまいます。帰る時間のころに毎回見るいい感じの渓流があるのですが、いつも時間が無いので諦めて帰ります。次回はそっちから入った方がいいですね。

で、秋っぽい色のアマゴみたいなヤマメも出ました。なんか色っぽい感じ・・・

●西会津方面の色っぽいヤマメ

福島県は10月から禁漁ですね。あと2週間です・・・

こんにちは。

涼しくて気持いいシーズン、初秋ですね。昨日、岩魚釣りの途中チタケを発見。少しだけ採ってきてチタケうどんでも食べようと思ってました。水洗いして写真をfacebookにアップ・・・すると→食べない方がいいょ!のコメントがポンポ〜ンと入り、まだダメか・・残念!・・となりました。

●大好きなチタケ、いつになったら食べられるのか?

さて、濁りが取れない鬼怒川本流でスーパーヤマメの情報です。・・・鱒研bbs


終盤の鬼怒川で

鱒研さん、ご無沙汰しています。
残り一週間となった鬼怒川漁協、まだまだ濁りの取れない上流域で40センチの秋ヤマメ」に会うことができました。
やや痩せぎみですが大満足の一匹になりました。

●鬼怒川本流スーパーヤマメ(ヤマメっ子 さま)


赤みをおびた尾びれが大きくてパーマークも残っていてなんとなく居着きっぽい雰囲気がカッコいいですね。

あと1週間になりました。大谷川は少し増水ぎみですが水質クリアで低水温、定期放流も日光地区・今市地区ともに行われましたので、魚も豊富? 秋のベストシーズンです。

2件のコメント

こんにちは。

台風が二個通過してまたまた暑さが戻ってきました。大谷川は水温も低くよく釣れるのですが、朝から暑いので釣り師がもちません。

さて釣り期間ですが、大谷川はあと一ヶ月を切りましたが福島方面は9月末まで釣れますので、少し長くできます。日光方面から車で二時間半程度で只見川支流のフィールド付近に到着します。今年はどこの川も渇水状態で魚影が非常に濃いです。

入渓場所は川の橋付近や駐車スペースのある場所の近くに川へ下りる道があることが多いです。今回は橋の近くに車を止めて入渓・・すると、アキアカネにヤマメがライズしてました!養魚場ではトンボに大型レインボーがライズする光景を何度も見たことありますが、自然の川では初めて見た気がします。水面からは、かなり上(50cm以上)を飛んでますので、ヤマメも全力でジャンプしてますが補食率は低い感じです。この辺のヤマメはパーマークや斑点が細かくて、ヒレも大きく綺麗です。鬼怒川水系の幅広ヤマメとはタイプが違うようです。

●只見川水系の美しいヤマメ

この時期は川へ下りるとアブの攻撃に合いますが今年はアブがいません!暑さのせいでしょうか?

そういえばアブ対策には殺虫スプレーをペットボトルホルダーに入れて腰にぶら下げておき、アブに囲まれた時にシューっとやると、一瞬でアブが消えます!しばらくは寄り付かないので重宝します。

で、釣りですが・・一時間程度で20匹以上はヒットします。平均30cmのヤマメがメインです。釣り上がって行くと岩魚が釣れ出します。だんだん水量が少なくなるのでプール状のポイントを攻めながら楽しみます・・そして、そろそろ上がろうと林道方向を見ると略、直角絶壁で上がれる場所がありません。また川を一時間かけて降りればいいわけですが、川沿いの林道に出て車へ戻った方が早いのでこのへんへ行くときは必ず20m位のロープとグローブを持っていくと重宝します。

そう言えばこの辺のイワナは日光周辺のイワナより色が薄い感じです。

●只見川水系イワナ

クマ注意の看板が目に付くので、熊のフィールドへ入った感じがプンプンします。鹿の足跡はたくさんありますが、見たことはありません。鹿が多いということは・・・ヤマビルも多いのか!と思いますが、この辺でヤマビルも見たことありません。

だいたい福島釣行は1回で川3〜4本を楽しみます。しかも情報がないフィールドなので新規開拓的な釣行になり刺激的です。

レインボートラウトっぽいヤマメや婚姻色の出てきたヤマメもいました。

●只見川水系ヤマメ

昨年ですが、栃木県が禁漁になる9/20以降、福島の渓は混雑しましたが、今年も9/20以降、混雑することでしょうネ! 福島県の禁漁は10月1日からです。

こんにちは。

お盆も休みも終盤です。あいかわらず日光は連日の大渋滞であります!

今朝の日光、北風も吹いてて久しぶりに寒く感じました。大谷川にも釣り師が3人程確認できました。

さて、鬼怒川水系ヤマメ情報です。鱒研bbs


ヤマメの渓でヤマビル

鱒研さん、こんばんは。

昨日の午後、知り合いの方に教えてもらったヤマメの渓へ行ってきました。

サイズは小さめでしたがまずまずの釣果。
ゲリラ豪雨に見舞われ、3時間で終了となりました。

車に戻り着替えていたら、ゲーターにヤマビルが2匹・・・

被害がなくて良かったです。

●鬼怒川水系ヤマメ(サルナシ さま)


投稿のタイトルが「ヤマメの渓でヤマビル」ですからね。いいヤマメが出ているのに・・ヤマビル・・さすがヤマビルのインパクトはスゴイですね。今年はヤマビルの守備範囲がまた少し広がっています。外山周辺は全域ヤマビル祭りですので、赤沢周辺は下流域以外全滅です。鳴沢も70%以上はヤマビルがいます。まぁ、あくまでもヤマビル苦手な方向けの話しです。最近多い外国人の方は(釣りではなく観光です。)ショートパンツで白い足にヤマビルを付けたまま歩いてます!←困ったもんですネ。

話がズレましたが、今回も写真や動画が沢山投稿されてます。サルナシ さまのインスタへGoです‼️→→→
lookeedon〈Insta〉

こんばんは。

涼しいはずの日光ですが、さすがに今年は暑すぎてます。大谷川の釣り師は極端に少なく川鵜も暑そうに羽を広げっぱなしにして石の上から魚を狙っています。相変わらず大型レインボーがミノーを引ったくってラインを引きちぎっていくのには困ります・・高価なミノーのロストはいやですからね!・・ラインのポンドを上げるべきか、悩むところであります。

さて、福島方面の釣行です。釣れる魚は殆どが尺サイズのネイティブヤマメで、1-2時間で30匹以上はヒットします。ミノーを投げると3-4匹が追ってきます。ミノーを誤って対岸の樹木に引っかけてしまったので竿先を軽く振ってミノーを外し、そのまま着水・・・そのミノーにライズしてヒットするありさまです! ・・まぁ、全くスレてません。釣り師も入った形跡はなく道もありません。

●福島方面の尺ヤマメ

大谷川のように低水温ではなく、しかも超減水していて林道から見える川は入渓しようとは普通なら思わないような雰囲気。しかし、以前に来たときはいいサイズのヤマメが沢山いた川ですので減水すればその分魚影は濃くなり、今回のような釣果になったと思います。

そういえばこの辺の沢沿いにはマムシがけっこういます! 乾いた石の上でトグロを巻いてますのですぐに発見できます。まぁ、ヘビはあまり好きではないので小石を投げて追い払います。ちっこいのが多いですが、一応毒蛇ですからネ! この辺はクマが多いので、それよりはマシですかね!

この辺のヤマメって色が少し明るくで斑点が細かい気がします。まあ、ヒットするヤマメは全て尺オーバーという超ハイスペックフィールドですので、楽しすぎることには間違いありません。

●西会津の尺ヤマメ

場所はだいたい西会津付近です・・・魚のいない川もけっこうあるので、気になる川を見つけたらとりあえずミノーを5-6投すれば、だいたいは分かります。まだまだ新規開拓っぽい釣行スタイルですが、次回は40cmオーバーのスーパー狙ってみます。

こんばんは。

涼しくなって梅雨に戻ったような感じですね。大谷川はササ濁り程度ですので釣りにはベスト・・先日放流のヤマメとレインボーの残りはですが、上流程多い感じで30%位です。

さてさて、今年発の福島釣行です。西の方になりますが福島は情報が少ないので初めての渓流が多く新規開拓っぽい感じです。途中に鳥追観音っつうお寺があったのでちょっとよってみました。日光東照宮の彫物を彫ったという左甚五郎の彫物があるようです。ご利益があるようお参りをして・・

で、よさそうな川を何本か通り過ぎて・・雰囲気のよい川へ入渓、マップで見るとたぶん阿賀野川水系の支流ですね。川の雰囲気からいいヤマメが出そうな感じです。川の淵の水量跡を見ると水量が普段より30cm位減水しているようです。まぁ、ぜんぜんOKな水量なのでさっそく釣り開始・・ミノーを数投でアタリがありヒット! この辺の魚はスレてないので簡単に釣れます。当然ヒレピンな綺麗なスタイルのヤマメでドンドンヒットします。パーマークも綺麗ですネ・・・

●阿賀野川水系ヤマメ

鬼怒川水系の川は釣り師の入った形跡はそこら中に残っていて、先行者の有無がその日の釣果に影響を及ぼしますが、福島方面のフィールドでは釣り師に会う事自体が稀です。

ポイント移動して太い流れの瀬で鬼怒川にいるような幅広ヤマメがヒット! だいたいはダウンクロスでヒットしますので、釣りやすく楽しいですね。サイズも25cm〜尺位が多いので楽しい釣りができますょ・・。

●阿賀野川水系幅広ヤマメ

初めてのフィールドですが、ホームのようによく釣れて楽しいです。

雨で少し涼しくなってますが、すぐにまた真夏に戻ると思われます。標高の高い沢や釣り師の少ない場荒れしてないフィールドが釣りやすく楽しい時期かと思います。

こんばんは。

暑かったですネ! しかし、大谷川はハイレベルですが鱒達は活性も良く、いいのが出てます。今の大谷川は雨の影響?華厳の滝を抜いたのかな?理由はどうあれ増水ぎみ・・しばらくササ濁りですが本日いいのが出ました。

40cmのヤマメ・・スーパーヤマメです! しかも銀毛ヤマメではなくパーマークのハッキリ残った大谷川らしい超幅広ヤマメです。残念な事にデジカメ忘れて・・なんでこんな時に・・ッつう感じです。まぁ、そんなもんですね。

んで、大谷川の大物が出る時間帯は早朝とかではなく普通の昼間の時間帯が多く、放流から時間が経って釣り師の減ってきた時期、今頃です。街中ポイントの水量のある深い瀬の中からミノーにガツンと来ました。大型レインボーもよく出るあたりですね!

次回はしっかりと写真に撮ってきますので、ちょっとお待ち下さい。

必ずもう一度釣り上げてきますので・・・パーマークのキレイなスーパーヤマメを必ずお見せ致します・・・くそぉ〜くやしい!

こんにちは。

あっという間にトラウトシーズンも中盤です。まさに楽しさMAXであります。

さて、今回は大谷川周辺のアングラポイントの紹介です。紹介といってもタイトルのようにアングラポイントですから詳しい情報は書きません。写真と雰囲気でご判断ください。

1つ目は、以前に70cmくらいのレイクトラウト(たぶんゲリラ放流)がいたポイントです。最近では先週、50cmくらいのレインボーとヤマメが多数いました。少し上流にプール状のポイントが有りイワナ中心にヤマメと少数のブラウンが確認できます。

●アングラポイント1

大谷川沿いをフラフラと歩いていると雑木林がけっこうあります。殆どがドングリの木で熊情報も多い自然豊かな場所。こんな森って歩いてるだけで大変気持が良く空気が美味しいのでしばらくフラフラしたくなります。昆虫類も多くミヤマクワガタやノコギリクワガタ、カブト虫は樹液が出ているコナラやヤナギの木を見て回るとそこら中にいます。今はホタル(ゲンジ)がきれいです・・・

●雑木林

・・・で、森の途中にこんなポイントがあります。ここはイワナ中心でヤマメもいます。水生昆虫が多く今頃の時期はフライが楽しいポイント。なかりのライズが確認できます。

●アングラポイント2

そして、こんなポイントもあります・・・古い堰堤です。薄暗くいかにもイワナっぽい感じですが、ここはレインボーのポイント。

●アングラポイント3

いかがでしょうか・・紹介しましたアングラポイント、ご存じの方もいると思いますが、大谷川の定番ポイントだけではなく自分だけのポイント開拓って楽しいですよね!

こんばんは。

本日は夏のような暑さでしたネ。梅雨に入ってからそれらしい雨は降ってません・・しかし、はやくも日本に近ずく台風が発生したようです。野生の岩魚達は気圧か何かで大雨が来る事を予想し、川が荒れる前に大食いしたり砂利をお腹いっぱい食べて大水に耐える準備をするようです。

明日は大谷川今市支部の放流日ですね。東武鉄橋~並木大橋(下流部) 古大谷川・田川・武子川へも各20kgで合計ヤマメ40kg放流があります。天気が少し心配ですが、まあ大丈夫でしょう!

さて、その台風前の鬼怒川水系サワー岩魚情報です。鱒研bbs


台風接近の前に・・・

台風5号が接近してますね。
大きな被害が出ない事を祈ります。
で・・・
日曜日の釣行を避け、本日鬼怒川水系のサワーへ!!
早朝から高活性で半日楽しませてもらいました!!
下界の暑さがうんざりする本日ですが
サワーは別世界!!
最高でした!!

●鬼怒川水系サワー岩魚(gijie.angler さま)

岩魚のサイズ・ヒレ・色等・・バランスとれててカッコいいですね!

・・詳しくは・・・gijie.angler〈インスタ〉 でご確認ください・・・

こんにちは。

気持よすぎる天気ですね。本日は大谷川日光の定期放流でヤマメとレインボーの放流を手伝ってきました。放流時間が午前7時で釣りスタートが午前9時です。養魚場の水から大谷川の水へ入って2時間、魚達はどの程度大谷川の水に慣れることができるのでしょうか? 夏場等は水温差が激しいので中々魚が大谷川の水に馴染まず、釣れないスタートとなる事が多いです。

さて、今回は大谷川日光地区の上流側への定期放流になります。たぶん1人あたりの釣果は30匹〜50匹程度と思われます。

●大谷川日光(向河原橋)

本日は朝7時頃から警察が駐車違反の取り締まりをしていました。総合会館裏に止めていた釣り師の車数台が通報されたようです。因に大谷川周辺には無料駐車場がけっこうありますので、なるべく駐車場に止めた方がよいと思います。