解禁後の世間話・・東古屋湖。

2020/03/13(金)

こんにちは。新型ウイルスの脅威が止まりません!甲子園大会が中止とはビックリしました。さらに100円切りそうな円高、そして全世界株安ときてます。これから世界はどうなるのでしょうか? しばらくはマイナス景気になるのは間違いないようですね。ま、それはさておき・・・大好きな釣りの事でも考えて、ネガティブ思考を吹き飛ばそうと思います。

釣りの話。解禁後、知り合い釣り師に会うと「どう、魚の雰囲気は?」、ってな話になりますね。東古屋湖の話しですが・・魚がばらついていて、釣れるポイント、釣れないポイントがハッキリしているようです。今年は暖かいスタートで絶好かな?と思ってましたが間違って魚のいないポイントへ入ってしまうと"ボーズ!"ってなことになりかねないですね。今年は解禁日にまさかのボーズの釣り師もいたようです。魚が釣れない原因? 一番に考えられるのは魚がいないからですね・・! 大型マス中心に放流しているようですので、結果・・放流魚の匹数が減少している・・な感じではないでしょうか・・? 真実は漁協に聞いて下さい!

で、今の東古屋湖ですが・・どこに魚がいるのか? 

・元古屋橋の奥と放流ポイントの対岸、そしてキャンプ場前の吐き出し付近。いずれのポイントもベタ底に付いてるようです。管釣スタイルの釣り方がよさそうですが、タックルは少し強うほうがヒット後、根に入られずにすみます。ポイントは下の地図の黄色い丸印参照。※このマップは減水時です。現在は満水です!

東古屋湖 2020年春のポイントマップ
東古屋湖:Googleマップ

まだ解禁してない中禅寺湖と湯の湖の話も盛り上がりましたが、又あとで書きますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)