大谷川日光地区

こんにちは。

昨日の朝だけちょこっと晴れましたが、またまた雨・・・そろそろパァーッと晴れて下さい。って、だれにお願いするとよいのでしょうか? 小雨まじりの天気って、釣りにはよいのですが、たまには青空の下で竿を振りたいですね。

さて大谷川上流の大岩魚情報です。鱒研bbs


大谷川支流

鱒研さん、こんばんは。
今日はよく行く大谷川支流の、未だ入った事のない
場所へ行きました。
開始早々、ガツンという手応えに上がってきたのは、
オレンジの少ない35cmイワナでした。

●大谷川支流の大岩魚(サルナシ さま)

この岩魚を見ていると以前、大谷川にいた大岩魚を思い出します。オレンジ色の少ないゴツい顔した大岩魚・・禁漁区の神橋下や霧降大橋上の旧堰堤なんかにいっぱいいました。その頃は大物を釣ると魚拓にしていたので、魚に墨を塗ったり水で洗ったりしてよく覚えています。

こんにちは。

本日、やっと晴れ間が見えて・・ホッとしています。

大谷川ですが水量も若干多いものの濁り無くクリアで水温も低く(13℃)活性もよいです。残りシーズンもあと1ヶ月となりました。あと1ヶ月ですょ! 釣り・・行かなくちゃ・・ね!

で、早朝の大谷川上流ですがネイティブの活性がよくイワナは沈み石にへばりついてますがヤマメは瀬に出ています。ミノーを投げるとイワナもヤマメもすぐにアタックしてくるので楽しいです。

●大谷川上流(いい流れですね!)

この辺のポイントは場荒れが少なく釣りやすいです。漁協が行っている月一の定期放流ポイントにも入っているためネイティブ化したヤマメもよくヒットします。今、水がキレイなので通常より距離をとって攻めるようにしています。

早朝、ヤマメは瀬に出ているためヒットポイントよりかなり外してキャストし速引きしてくるとヒットしやすい感じでした。

●大谷川ヤマメ

イワナは底から出てくるようでやはり吐き出し付近を狙うと一発でヒットする感じでした。

9/20の禁漁までに大谷川の定期放流は日光×1回と今市×1回であと2回あります。

こんばんは。

●本日のクマ出没情報です。

昨日 午後8時ごろ、日光市久次良の薬師堂下の民家付近で、クマが目撃されました。(日光市防災メール)

この情報では、大谷川支流の田母沢 付近 が注意です。だいたい下のマップ付近・・・

☆今年もクマ情報、多いですね。くれぐれも注意です。

こんにちは。

ご先祖様をお墓へ送る日、送り盆ですね。なるべく遅く送るのがよいとされています。私は午前中に送ってきました。

さて大谷川上流のサバマス情報です。鱒研bbs


サバマス

鱒研さん こんばんは
今日は、大谷川上流に行きました。
お盆だからか、雨だからか、釣り師は一人もいなく
魚の反応は良かったです。
その中で、初めてサバマスが釣れたので投稿します。

●大谷川上流のサバマス(サルナシ さま)

サバマスとは・・・川鱒×茶鱒 と言われています。大谷川ブラウンより後に出現した鱒だと思います。ブラウンより数は少なく、稀にヒットします。

こんにちは。

ご先祖様をお迎えに、お墓参りしてきました。お墓はすごい混みで、ご先祖様ってすごいですね・・・お墓参りをすると不思議と落ち着きます。

さて大谷川上流のブラウン情報です。鱒研bbs


アラフォーブラウン

鱒研さん、こんばんは
今日は大谷川上流部に行ってきました。
大きな影にルアーをひったくられ、上がってきたのは
42cmのブラウントラウトでした。

●大谷川上流ブラウン(サルナシ さま)

色が濃くていかにも上流って感じ、しかもいいサイズですね〜

見事なブラウンであります。

 

こんにちは。

お盆休みですね。世界遺産と美しい自然がある日光は、メチャメチャ混んでます。渋滞の発生源は神橋付近であります・・!

●日光街道渋滞中

大谷川ですが、水量は落ち着きましたが稲荷川合流から下流部が茶色に濁っています。

さて前回紹介しましたカッパ島付近ですが、いいのが出ました! 約40cmの大イワナと他数匹のイワナ達・・・しかし、連休中なのになぜ釣り師が誰もいないのか? ラッキーと言えばラッキーですね。倍率の高いポイントですからね。そういえばさっき知り合い釣り師が来て、ちょっと話しを聞くと今朝上流でいいブラウンが出たようです。しかしやはり他の釣り師はゼロだったようです。

●大谷川イワナ(40cm位)

台風の増水後は魚の居場所が変わります。イワナ達は増水時、大水で流されないように砂利をお腹いっぱいに食べて流れの弱い場所でガンバってます。で、減水して通常位に戻ると魚の警戒心も少し和らいで、一般的に活性がよくなりますね!基本的には大場所を狙うとよいと思います。今まで何度やっても出なかったような大場所が、今狙い目だと感じます。

先日の台風で大谷川は大増水でした。本日もまだ増水ぎみですが釣りは可能です。濁りは無く大物が出る雰囲気となっております。全体的に魚が移動したため今までアタリも無かったようなポイントから大物が出たりするのもこんなときです。

さて、もうすぐお盆ですね。毎年ですがお盆休みで大谷川もシビアな釣りになると思います。釣り師も多くなりますからね・・・で、鱒研のオススメのポイントをお知らせいたします。


●だいや川公園付近(上級レベル)
この辺はご存じのようにスーパーヤマメのポイントです。以前は大きな瀬がポイントでしたが、大雨等による大水で全体的に浅くなっています。なので今年は堰堤下の水深のある流れとなります。朝晩のマズメ時に吐き出しに出ているヤマメを狙います。

●キャッチ&リリース区間付近(初級ベル)
ここは5つある堰堤がポイントになります。各堰堤の下流側の落ち込みや吐き出しを狙います。現在は前回の放流から一ヶ月以上たっていますので放流ヤマメ・レインボーよりネイティブ岩魚の方が多いので難しい分、楽しいと思います。

●霧降大橋上流付近(初級ベル)
霧降大橋上の二段目の堰堤と瀬。狙い目は堰堤から落ちている水の内側へ打ち込みます。魚は白泡の下か両側にいますので、魚からは見つけやすいのでヒット率は高いです。

●日光小学校前付近(初級レベル)
日光小学校前から稲荷川合流付近までの街中ポイントです。比較的魚影が濃く大谷川初めての釣り師でも大丈夫です。先行者(一時間以内)がいなければ一日中釣りやすいポイントです。ヤマメ・レインボー・イワナが釣れます。

●カッパ島下流のテトラ付近(中級ベル)
深くて流れが早くいい感じです。よく言う太い流れのポイントです。ここは川沿いにテトラが入っておりその中に大岩魚がいます。ですので、テトラギリギリに流せば岩魚は出てきます。因にテトラに乗ったりすると岩魚に気づかれて出てきません。そんなの分かってますよね!


以上が大谷川での釣りは初めて・・みたいな釣り師向けオススメポイントです。何度も来ているベテラン釣り師には参考にならないかも知れません。

こんにちは。

梅雨に戻ったような感じでここ数日雨です。たいした降りではありませんが、大谷川日光はいつものように稲荷川が濁っています。本日入る方は合流より上流へ行った方がいいですね・・

台風5号の動きが気になります。まだ先ですが現在の予報では関東直撃コースとなっています。今週末、心配ですね。

さて鬼怒川水系のハイ活性沢岩魚情報です。 鱒研BBS


ヤマメの渓へ

今回は鬼怒川水系のヤマメの渓へ!!
途中本降りだった雨も何とか小降りに・・・
きっと活性も良いんだろなぁ~と思ってたら
大正解でした!!
チビ助ばっかりでしたが十分お腹一杯になりました(笑!

●鬼怒川水系ヤマメ(gijie.angler さま)

鬼怒川水系のヤマメ情報は・・・ ♡ 鱒族 でご確認ください・・・イワナも出てます!

そういえば最近、日光へ来る外国人観光客がどんどん増えている感じがする。しかも水温の低い大谷川で水浴びしているのでビックリします。いくら暑くても大谷川の水は冷たすぎるだろう? でも、一番ビックリしたのは昨日夕方・・・外国人女性が1人でパンツ1枚で水浴びしてました。もちろんトップレスですょ・・釣キチおじさんの目の保養には刺激が強すぎた感じです!

さて、今回も大谷川のイワナ狙いですが上流はモヤがかかってていい雰囲気です。いつものように貸切状態ですが、新しい足跡や仕掛けに絡んだまだ濡れている藻が石の上に落ちてたり等々・・先行者の形跡はあります。

●大谷川上流

このポイントも少し前には釣り師が入ったはずなので、距離をとって慎重にアプローチします。すると安心してイワナが出てきました。

●大谷川イワナ

ところでさっき猿がいたので少し書きます。野生動物では熊が危険なことは誰でも知っていますが、猿も時々大きな群れでいる事があり釣りに集中していると知らぬまに群れの中に入っていることがあります。もし出合ったら無視しするのが一番な気がします。たぶんボスザルがこっちを観察してますので人が猿に興味がないことが分かれば人を襲う事はまず無いと思います。何かを食べているのを邪魔したりすると人に向ってくる事があります。私も経験があります・・・やはり猿でもこっちへ向って威嚇してくると少しビビります。

日光の川沿いってだいたい道があってハイキングコースになっていることが多いですね。大谷川上流は岩盤の流れも多く景観もいいです。見ているだけでも気持いいですね!

もうすぐ8月ですが、8月は定期放流がありません。したがって真夏の大谷川って釣り師も少なく穴場かもしれません。クヌギやコナラには夏の虫もいっぱいいるし、子供達の夏休み自由研究の材料もたくさんあります。

●樹液に集まるカブト・カナブン

毎日のように大谷川を観察していますが、飽きないフィールドであります。

こんにちは。

ここんところ、暑さも少し和らいできた感じがしますが・・動くと汗が出て、やっぱり暑い。

・・で、先にも書きましたが大谷川日光では夏休み企画(子供のマスのつかみ取りと釣り企画)として霧降大橋の上流側2ヶ所上の堰堤から瀬にかけて放流がありました。これは漁協の定期放流ではないので釣り師への告知はあませんが、情報の早い釣り師はガンガン釣っていたようです。さっき釣りの帰りに見てきたら4人位の釣り師が入ってました。

さて、大谷川上流のイワナ達は元気いっぱいです。日中でも深場の吐き出しに出ているので距離をおきながら攻めていくと出てくるようです。イワナのヒットポイントから2m以上は離して着水させないと警戒する感じです。アップクロスの場合は特に注意する必要があると思います。

●大谷川イワナ

大谷川も向河原橋より上流は水量が少なくなるので緊張しますね。ローリングダムで取水してますので大雨等でダムを開放している時以外は少なくなります。ガンマン上流付近から放水することもありますが稀です。

●大谷川上流

ドン深も多い上流部はミノーだけではカバーできないので、スプーンやスピナーで縦へのアピールも必要なことがけっこうあります。底まで落し込んで、かるくシャクリ上げる感じな釣り方をすると大物に出会えることがあります。アタリというよりルアーが底に引っ掛かった感じになり、ただ重くなります。こんな時は大岩魚です・・・本日は大岩魚(40cmオーバー)ではなく尺くらいでした。

●大谷川イワナ

これからの時期は夕立や濃霧等、変化やあった地合がチャンスでしょうか?

難しいシーズン、いかかでしょうか・・・。